旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

サッカー日韓戦の横断幕

読了までの目安時間:約 3分

日韓戦の横断幕 観客もフェアプレーで

サッカーの東アジア・カップ最終日は(28日)、

ソウルで開催され、男子の日本対韓国戦で現在の

両国の厳しい関係をさらに悪化させるような

出来事があった。

 

試合開始から間もなく、縦数メートル、横30から40

メートルの歴史問題にからむ巨大な横断幕が、韓国側

の観客席に掲げられた

 

clip_image002

巨大な横断幕には「歴史を忘れた民族に未来はない」と

ハングルで書かれていた。

 

前半終了後に撤去されたが、競技場での政治的メッセージを伝える

応援を禁止した国際サッカー連盟(FIFA)の規定に違反する

疑いがある。

 

また、試合開始直前には、初代韓国統監を務めた伊藤博文を暗殺し、

韓国で英雄視されている安重根(アン・ジュングン)の肖像と

みられる肖像の巨大な幕も掲げられ、 スタンドのほとんどを埋めた

韓国人の観客から大きな歓声が上がった。

 

一方、日本側の応援席では、韓国においては戦前の日本による

植民地支配の象徴とされがちな「旭日旗(きょくじつき)」が掲げ

られる場面もあった。

 

今大会では、女子の韓国対北朝鮮戦で「祖国は一つ」と書かれた

プラカードや、南北が国際大会で統一チームを構成した際に使用される

「統一旗」を掲げた観客もいて、主催者側に制止されている。

 

大会関係者らしき男性が、横断幕を撤去しようと試みるも、

サポーターがひじで突き飛ばして妨害していた。

 

結局、ハーフタイムに強制撤去されたが、これに反発した多くの

韓国サポーターが、後半戦の応援をボイコットする事態となった。

 

昨年のロンドン五輪では、男子の日韓戦後、

韓国の選手が観客から手渡された竹島(韓国名・独島)の領有権

を主張するメッセージを掲げたことが問題となり、FIFAから

出場停止などの処分を受けた。

 

clip_image004

 

スポーツの中でも、とりわけサッカーは見る側の国粋主義

を刺激しやすい。

本来はグッドゲームをともに作り上げる相手を「敵」と

みなしがちで、負けると相手への憎しみを感じたり

する場合もある。

 

だからこそ「12番目の選手」とも言われる見る側は

悪循環を断ち切るためにも、過度な感情移入は慎み、

抑制的でありたい。

ソフトバンク斉藤和巳リハビリ担当コーチ退団

読了までの目安時間:約 2分

ソフトバンク斉藤和巳リハビリ担当コーチ退団


現役復帰を目指しソフトバンク斉藤和巳(35)リハビリ担当コーチ

として、また自身もリハビリを続けてきたが29日、復帰を断念し、

31日付で退団すると発表した


右投げ投手で南京都から1996年にダイエーに入団

03年には20勝を挙げ、ダイエーの日本一に貢献、沢村賞を獲得し、

以降は右投げのエースとして2006年に2度目の沢村賞を受賞と活躍した。

 

image

 

しかし、右肩を2度手術し、07年を最後に6シーズン登板機会がなく、

リハビリを続けてきた。


10年限りで支配下登録を外れ、11年からリハビリ担当コーチの肩書で、

現役復帰を目指していた。

 

ヤフオクドームで会見した斉藤コーチは「手術を受けるにあたり、

1軍で投げるだけじゃなく、1軍の戦力になるというのが、

決断の大きな要因だった。

 

今月に入って、そのイメージが持てなくなってきた。

そのイメージを持てないなら、ここでけじめをつけるのべきとして退団を決めた」

と涙ぐみながら語った。


 
 今後については未定との事。

サッカー界の選手、審判へ八百長の魔の手

読了までの目安時間:約 2分

これが八百長組織の手口…

 

「性接待」と「カネ」で笛を汚したエリート審判

レバノン人主審に女性を提供したとされるシンガポール人実業家。

 

「ジェームズ」と名乗っていた(ロイター)

裁判所を出るシンガポール人実業家,

エリック・ディン・シーヤン被告

 

clip_image002

 

ナイ トクラブを経営し、英国製高級車を乗り回して

いたとされる(ロイター)

 「オレは背の高いアジア女性が好みだ」-。

 

「性接待」を受ける見返りに八百長を約束した34歳のレバノン人主審は、

黒幕とみられる中国系シンガポール人エリック・ディン・シーヤンに“要望”

をそう伝えたのだという。

 

 4月初めにシンガポールで行われたアジア連盟(AFC)杯で笛を吹く

はずだったレバノン人審判団の3人、サッバーハ受刑者らは試合前に審判団を

下ろされ、当局が事態を捜査。サッバーハ受刑者は6月、禁錮6月の有罪判決を

受けた。副審2人も有罪となったが釈放され、レバノンに送還されている

 

 AFP通信などによると、犯罪組織と接触を続け、副審2人を説得して八百長

に巻き込んだとされる主審の本職は体育教師。

 

2008年に国際サッカー連盟(FIFA)の登録審判員となり、

レバノンで子供たちに体育を教えながらワールドカップ(W杯)アジア予選の

試合を担当するなど、レバノンきってのエリート審判としてのキャリアを積み重ねていた。

 

 そこに犯罪組織の魔の手が伸びたのは12年6月。場所は首都ベイルートのと

あるカフェ、ジェームズと名乗るディン・シーヤン被告を中国系シンガポール人

の若い実業家をとして紹介された。

 

当初は犯罪組織と関わりのある人物にはとても思えなかったという。

サッカー界の選手、審判へ八百長の魔の手

読了までの目安時間:約 3分

 報酬は性接待 組織と“蜜月”

 八百長の犯罪組織からアプローチされるのは薄給の選手だけではない。

 

タイ協会杯の決勝で昨年主審を務めた日本人審判が八百長に加担するよう

アプローチされ、これを拒否していたことも判明。

 

 また、4月上旬にシンガポールで行われたAFC杯では、レバノン人

の審判団3人が八百長を約束する見返りに、犯罪組織から「性接待」

を受けていたとして逮捕された。

 

犯罪組織と接触を続け、副審2人を説得して八百長に巻き込んだとされる

主審アリ・サッバーハ(34)は禁錮6カ月、2人の副審には禁錮3カ月

(後に釈放され、帰国)の有罪判決が言い渡されたが、裁判の過程で審判団

と犯罪組織の蜜月ぶりも明らかになった。

 

clip_image002

 

捜査機関から黒幕の一人として「ダン・タン」のコードネームで

呼ばれる中国系シンガポール人実業家、エリック・ディン・シーヤン

裁判に出廷する

 

レバノンの首都ベイルートのカフェで「ジェームズ」と名乗る中国系

シンガポール人実業家を紹介された主審は「AFCで10年間審判を

続けるよりも多くの金を1年で稼ぐ方法がある」と“もうけ話”

を持ちかけられた。それが八百長だった。

 

レバノンきってのエリート審判だったこの主審は判決が読み上げ

られる際にすすり泣いたという。

 

W杯で笛を吹くのを目標に掲げていたが、かなわぬ夢となった。

日本で開かれたICPOの会議では、約170の賭博サイトでJリーグの試合が

賭けの対象となっていることが報告されたという。

 

賭博サイトには英国のブックメーカーのように合法なものから、犯罪組織が運営する

非合法のものまで数多くあり、その線引きはあいまいだ。

Jリーグがいつ八百長のターゲットになってもおかしくない事態が世界では発生している。

サッカー界の選手、審判へ八百長の魔の手

読了までの目安時間:約 2分

 

サッカー界のやみ 選手、審判にしのびよる八百長の「魔の手」

別の元選手は「残酷なほど給与が低く、しかも何カ月にもわたって

遅配されるため、選手は買収されやすい生活環境にある」と

匿名を条件に説明した。

 

元選手・2009年ごろの現役当時、試合前に犯罪組織

から八百長を持ちかける電話が頻繁にかかってきていたと話す。

 こうした事態を受け、アジア・サッカー連盟(AFC)は2月下旬、

ICPOとともに合同会議を開催。

 

clip_image002[1]

 

その中で、国際プロサッカー選手会(FIFpro)アジア地区の

代表者は、昨年にまとめた「ブラック・ブック」と呼ばれる報告書を

もとに、立場の弱い選手が八百長に巻き込まれている現状を具体的な

数字を挙げて明らかにした。

 

 「ブラック・ブック」はアジア同様、八百長の温床になっていると

言われる、東欧のサッカークラブに所属する3357人のプロ選手が

アンケートに協力し給料の遅配や金額等と八百長の関係などについて

調べたもの。

 

報告書の中で、給与が期日通りに支払われていない選手の半数以上

(55%)が八百長に誘われたことがあるとアンケートに答えた。

サッカー界にはびこる、やみ 選手、審判にしのびよる八百長の「魔の手」

読了までの目安時間:約 2分

この八百長の疑いがある試合の中には、ワールドカップ(W杯)や

欧州選手権の予選、欧州チャンピオンズリーグ(CL)、

欧州の複数の国内1部リーグの試合も含まれいるとの事。

 

世界の有力選手がプレーする試合もその様な疑いのある試合が

含まれている可能性もあると言うことか?。

 

八百長を取り仕切る犯罪組織の根城がシンガポールに

あることも明らかにされた。

 

clip_image002

 

捜査機関から黒幕の一人として「ダン・タン」のコードネームで

呼ばれる中国系シンガポール人実業家、年齢は40代後半が

彼は2011年にフィンランドで仲間の1人が逮捕された

ことで、広く名前が知られるようになったという。

 

 犯罪組織の手口は選手の絶望的な薄給と遅配という弱みつけ込み

八百長を仕掛ける。

 

国際親善試合のプロモーターなどの名目で選手や審判に近づいて試合を

操作するように持ちかけ、開設したインターネット上の違法賭博サイト

の胴元として巨利を得ているという。

 

 英紙ガーディアン(電子版)が掲載した記事

「八百長と贈収賄は中国サッカーの風土病」の中で、

現在スポーツ紙の副編集長をしている元選手が「選手の低い給与と

チェック機能のない地方政府の存在が八百長の根幹にある」と指摘。

サッカー界、 選手、審判にしのびよる八百長の「魔の手」

読了までの目安時間:約 2分

サッカー界にはびこる、闇 選手、審判にしのびよる八百長の「魔の手」

 日本では初めて国際刑事警察機構(ICPO)主催の会議

「サッカー界ではびこっている八百長の防止対策を目的」として

8、9の両日、開かれた。

clip_image002

会議には主催者を始め、国際サッカー連盟、日本サッカー協会、

Jリーグのほか、警察や文部科学省、サッカーくじを運営する

日本スポーツ振興センターの関係者らも参加。

国際サッカー連盟(FIFA)の担当者が「アジアにはサッカーに

おける八百長が横行し、観客やスポンサーの減少といった悪循環に

陥っている国がある」と警鐘を鳴らしたという。

 サッカー界の八百長は古くからある問題だが、ことし2月初め

再びクローズアップされた。

欧州警察機構(ユーロポール)が「2008年~11年に行われた

試合のうちの680試合で八百長の疑いがあり、調査の結果選手や

審判など15カ国の425人が不正に関与した事が判明」と発表

したのが発端だった。

渡辺球団会長,松井氏へG次期監督指名

読了までの目安時間:約 2分

 

読売巨人の次期監督について、巨人・渡辺恒雄球団会長(86)は、

現役引退を表明し現在アメリカに滞在中の松井秀喜氏(38)

を考えているようだ。

clip_image002

新春早々、原辰徳監督(54)の後継者として「すぐの候補は他にいない。

松井君が最適」と断言。

松井氏の帰国を待って、直接会談でオファーを出す意向まで示した。

これまで、色々なビッグネームが監督候補として取りざたされてきたが、

巨人の超大物OBの登場に、今まで上がった名前は全て一気に消し飛んで

しまうのでは。 

7日、都内ホテルで開かれた時事通信社主催の新年互例会に出席した渡辺会長、

退席後、報道陣に囲まれると多弁に話した。

「早く巨人に戻ってきてもらって、多少コーチなどもやってもらうけれど、

いずれ大監督になってもらいたい。

clip_image004

それは、おそらく野球ファン全部が望んでいることじゃないかね」

 松井氏への熱烈ラブコールである。

具体的に「まずヘッドコーチか何かやってね。彼はバッターだから、ピッチャーを

どうするか(継投などを)研究してもらわなきゃいかん」と話し、原監督以後の

構想を示す。

 今年はともかく、来年あたりには原政権下でコー チとして帝王学を身につけ、

満を持して監督の座を引き継がせるという青写真に聞こえる。

「順序として、松井君がやってくれたら、そのあとは高橋由伸(外野手)君とか

いろいろいるけど、原君のあとすぐというのはいないんだよ。原君はまだやるけれども、

そのあとは松井君が最適だ」とブチ上げた。

日本プロ野球界における読売巨人軍のステータスと言う様なものが渡辺会長の中にはいつも

あるのだろう。

10日F東京戦、総力で首位奪取狙う 浦和

読了までの目安時間:約 1分

首位大宮に勝ち点3差に迫り、首位奪取を狙う勝ち点30、

2位浦和は10日、埼玉スタジアムで19時半同19、8位の

FC東京と対戦する。

 


浦和が勝ち、大宮が負ければ勝ち点33で並び、得失点差により

順位が入れ替わる。

 


ミシャ監督は「運動量、規律、集中力の部分でしっかりやれば、

ゲームはわれわれの方に傾く」と意気込んだ。

 


 チームは前日の9日、大原サッカー場でミーティング後、

約1時間20分最終調整。

ミニゲームの主力組の右サイドには宇賀神が起用された。

 

 一方、槙野がミニゲームの接触プレーで左脇腹を痛め、途中で切り上げた。

ミシャ監督は「病院で検査を受ける。あす、どうなるかは何とも言えない」

と述べ、槙野の位置には永田充が入った。

11

FC東京戦に向けて笑顔を見せながら最終調整する興梠(中央)鈴木(左)ら

=9日午後、大原サッカー場

F東京「長友2世」DF松田陸獲得へ

読了までの目安時間:約 2分

試合では闘争心あふれる試合運びで、必死にボールを追うびわこ

成蹊スポーツ大学からの強化指定選手・松田


5日F東京が、来季の新戦力として「びわこ成蹊スポーツ大のDF松田陸(21)」

を獲得することが、分かった。

20130706-322860-1-N


松田は豊富な運動量とフィジカルの強さが魅力のサイドバックで、

クラブ幹部は「(日本代表DF長友)佑都タイプの選手。

 

上背は左程なくても、強靭な体とファイトあふれる試合運びで当たり負けしない。

 

プロの環境で練習を積み試合の流れを読めるようになればもっと伸びる」と、

“長友2世”として期待を寄せる逸材。

 

関係者によれば大分も獲得に動いていたが、F東京が競合を制した形だ。

 


 松田は4月から、F東京の特別指定選手に登録。関西学生リーグ1部のびわこ成蹊スポーツ大では、

双子の弟のFW松田力(りき、21)とともに主力として活躍。


今季はここまでリーグ戦全9試合に出場し、3得点をマークしている。

 


 ◆松田 陸(まつだ・りく)1991年7月24日、大阪府生まれ。21歳。立正大淞南高(島根)

を経て、10年にびわこ成蹊スポーツ大(滋賀)に進学。主にサイドバックを務め、サイドハーフも

こなすなどサイドが主戦場。

 

強じんなフィジカルに加え、鋭いクロスも繰り出す攻撃力が持ち味。171センチ、67キロ。

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031