旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

金本さん、詐欺事件公判に出廷 被害8億円

読了までの目安時間:約 4分

金本さん、詐欺事件公判に出廷 被害8億円「本当にバカだった」
オトコナキ2_ジャケット

プロ野球・阪神タイガースなどで活躍した金本知憲さん(45)

からボートレース(競艇)団体への預託金や農業法人への

農地購入代金などの名目で、約1億2000万円をだまし取った

として詐欺罪に問われた無職・本多善光被告(45)の公判が13日、

さいたま地裁(西村真人裁判官)で開かれ、金本さんが証人として出廷した。

 


金本さんは本多被告に2004年から09年末まで計60回以上、多い時で

1回5000万円を振り込み、総額は約8億円に上ると証言。

「(だまされたと知り)がく然とした」と後悔の念を口にした。

 

 「本当に世間知らずのバカだったんだな、と…」。

グレーのネクタイに、紺色のスーツ姿で出廷した金本さん。

 

詐欺事件の被害者となったことについてはこう振り返り、

「親友だった」という本多被告に最後まで視線を

向けることはなかった。

 

 金本さんの証言によると、本多被告とは知人の紹介で

広島カープ時代に知り合った。

 

「大地主との触れ込みを受けて」資産家だと認識していた、

家族ぐるみでの付き合いを始めた。

 

本多被告からは親しみを込め「金(きん)ちゃん」と呼ばれていたという。

 

「引退後に事業をしたい」と話が進み、06年7月に約1480万円を

ボートレース団体への預託金名目で同12月まで計7回、9800万円

を振り込んだという。

 

 その後、本多被告から「広島でおばあちゃんが農業補助金申請で

国からの補助金12億円の認可を受けた人が居る」

「農業での補助金申請は認可されやすい」

 

野菜より、ぶどうや桃などのフルーツが

当たると、すごいものがある」と農業法人の出資話を持ち掛けられた。


本多被告は「ファーマー(農場経営者)」と自称。

同被告がトラクターに乗った写真付きメールも送られてきた。

「信じていた」という金本さんは08年12月から09年2月まで3回に分けて

1800万円を振り込んだという。

 

 本多被告には04~09年末まで起訴事実を含め、総額8億円近くを

振り込んだとしたが、返金されたのは800万円。

 

詐欺と確信した際は、「がく然とした。ダブルパンチを食らったような感じ」

と振り返った。金本さんは金を振り込んだ理由について「こういうご時世で、

いつ引退するかわからない。

 

今投資しておけば引退後に収入を得られると思い、魅力的に感じた」と説明。

 

ボートレース場は、後輩選手の再就職先として考えていたという。

 

 本多被告の弁護人が暴力団幹部の実名を挙げ、関係を問われた際には

「本件とは関係ない。嫌がらせにしか聞こえない」と戸惑う場面もあった。

 

本多被告は「振り込みを受けたことは事実だが、だますつもりはなかった」

と起訴内容を否認している。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930