旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

バヒドハリルホジッチ氏・サッカー次期日本代表監督 最有力!、戦術とその評価は?

読了までの目安時間:約 6分

1

 

25日、大仁邦弥日本サッカー協会会長ら

関係者が都内で会談し、アギーレ監督後任

のサッカー日本代表次期監督の最有力候補

として前アルジェリア代表監督のバヒド・

ハリルホジッチ氏(62)に一本化し交渉する

事を確認、との報道がありました。

 


前アルジェリア代表監督の

バヒド・ハリルホジッチ氏はボスニア・

ヘルツェゴビナ出身で元日本代表監督の

イビチャ・オシム氏の後輩にあたる人物

と言われる。

 


日本サッカー協会の霜田技術委員長が

元日本代表監督オシム氏からアドバイス

を受けた選定の様で、仮に第一候補の

ハリルホジッチ氏と合意に至らない場合は

次の候補も前ボスニア・ヘルツェゴビナ

代表監督のサフェト・スシッチ氏の名前も

挙がっている、と言われ両方の人選もオシム

氏からの人脈によるものと言われる。

 


今月初めには、元デンマーク代表のミカエル

・ラウドルップ氏が最優先というような報道

もありましたが、現職のカタールのレフウィヤ

SCとの契約がまだ4ヶ月残っていることと、

彼の現在の推定年棒が2億7000万と言われ、

日本が提供可能な金額は約2億と金額的に

少ない。

 

4

 

またラウドルップ氏に関する報道で感じる事

はイングランド・プレミアリーグを注視している

のではと感じられますね。

 


ラウドルップ氏の可能性は少なくなったのでは

ないでしょうか。

 

 

そこで、「バヒド・ハリルホジッチ」氏の

過去の経歴や戦術や評価について調べて

みました。

 

バヒド・ハリルホジッチとは?

 

選手時代

選手時代のポジションはフォワード。

FKヴェレジュ・モスタル、FCナント、

パリ・サンジェルマンなどに在籍。

 

ナント時代に2度のフランスリーグ得点王に輝く。

 

1976年から1985年までユーゴスラビア代表に招集され、

32試合に出場して8ゴールを挙げる。

 

3

 

監督として

古巣のヴェレジュ・モスタルで監督としてスタート。


1997年から1998年まで監督を務めたモロッコのラジャ・

カサブランカでは、国内リーグを2連覇、1997年のCAF

チャンピオンズカップを制しアフリカチャンピオン

に導く。

 

1998年から2002年までフランスのリールOSCでは、

1999-2000シーズンに2部リーグ優勝、

 

2000-2001シーズンは昇格1年目ながら3位に食い込み、

その手腕が評価され同年の年間最優秀監督に選ばれた。

 


2008年からコートジボワール代表の監督を務めてきたが、

アフリカネイションズカップ2010準々決勝敗退の責任を

取って2010年2月27日に辞任。

 


辞任後、同年半年後の8月にクロアチアリーグのディナモ・

ザグレブ監督に就任し同リーグで優勝するが、翌2011年5月

に契約問題によって退団。

 

一月後の2011年6月にアルジェリア代表監督に就任。

2014年のワールドカップに同国代表を率いて参加。

 

以上wikipediaより引用

 

以上の経歴から、日本代表監督就任条件の一つと言われて

いるワールドカップ代表監督としての実績は完全に

クリアしていますね。

 


バヒド・ハリルホジッチの戦術は?


ハリルホジッチ氏の戦術として特徴的な点は、

対戦相手によって自由自在に自チームの特徴を生かした

攻守スタイルで有利な試合運びを目指すスタイルと言わ

れています。

 

2


対戦相手によって柔軟性を持ながら、戦術やシステム

を変え、自チームを機能させ戦う監督です。

 

 

フランスリーグ監督時代やアルジェリア代表監督時代

はドイツ戦で披露した堅守速効型の試合運び。

 

コートジボアールをワールドカップに導いた代表監督

時代は超攻撃的な試合運び。

 

基本的戦術は、バヒド・ハリルホジッチ監督の場合、

攻撃的な方を好まれるようです。

 


まず、試合前には対戦相手の分析を綿密に行い、特徴

を把握し、同様に受け持ったチームの選手達の特徴を

見て把握し、その上で自チームに有利な試合展開の

可能性の大きい戦術を構築するというスタイルで

戦うと言う事です。

 


受け持ったチームがどでも、また戦う相手チームが

どこであっても自分が基本的に好む方法で戦うのでは

ありませんね。

 


ブラジルワールドカップ(アルジェリア代表)を

例にとると、VSベルギー戦のシステムは5-4-1、

VSドイツ戦(決勝TM)のシステムは5-1-3-1でした。

 

6

 

バヒド・ハリルホジッチ監督の場合、対戦相手の

戦力や特徴、自チーム選手個々の特徴や能力等を把握

し分析の上で戦術を組む、戦略的手法を多用しますので、

日本代表にとっては、代表の特徴を大きく発揮できるの

ではと希望が持てます。

 


しかし、直接プレーする選手にとっては、不慣れな

戦術的な理解や仕組まれたシステムの維持などの負担は、

一時的にでも、今までより思考的に増える事が予想され

ますが。

 

しかしそれも、慣れるまででしょうが!

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930