旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

今男性の専業主夫志向が強まってい る

読了までの目安時間:約 2分

現代日本の傾向

 

調査によれば、今男性の専業主夫志向が強まってい

るとの結果が出ている。

 

専業主夫についての自分の考え方を、20代・30代男性に

調査した結果、過半数が専業主夫について容認すると言う。

働く意欲のある妻が増えたことで、主夫になる選択肢も可能

になったためだが、仕事の激務や上司との世代間ギャップの

こともあり、生活維持のため家事や子育てに活路を求める男性

が増加している事も事実です。

 

不況により「専業主夫」が世界各国で増加 女性が家計の大黒柱へ:株/

 

現在厚生労働省の調査によると、妻に扶養される国民年金第3号

被保険者の男性は年々増加し、2010年3月末現在、全国に約11万人

いる。

 

13年時点ではもっと増えていることと思われる。

国民年金第3号被保険者とは国民年金の加入者のうち、厚生年金、

共済組合に加入している、第2号被保険者に扶養されている

20歳以上60歳未満の配偶者(年収が130万円未満の人)

を第3号被保険者といいます。

 

保険料は、配偶者が加入している厚生年金や共済組合が一括して

負担しますので、個別に納める必要はありません。

 

第3号被保険者に該当する場合は、事業主に届け出る必要があります。

なぜ専業主夫が増えているかと言うと、最大の要因は女性の社会進出が

最も大きい。

 

女性の自立意識がより強まれば、その傾向はさらに強くなっていく

と考えられる。

 

専業主夫を選択した場合の問題点としては、仮に離婚になった

場合である。

 

専業主夫の再就職は非常に困難で、子供の親権も母親の方が

取りやすい傾向がある、これらの根本問題を解決しなければ

離婚だけは避けるべき問題ですね。

 

専業主夫は仲の良い夫婦が一番でしょう。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930