旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

呉美保・モントリオール世界映画祭2014度の監督賞を 受賞、経歴は

読了までの目安時間:約 7分

1


第38回モントリオール世界映画祭で現地時間

2月1日夜(日本時間2日朝)、映画作品タイトル

「そこのみにて光輝く」を担当した呉美保

(オミポ)監督(37)が最優秀監督賞を受賞

されましたね。

 


モントリオール世界映画祭2014度の監督賞を

今回めでたく、呉美保の

『そこのみにて光輝く』受賞しました。

 

 

過去同世界映画祭の日本映画の監督賞受賞は、

1997年の市川準(『東京夜曲』)、

2005年のクロード・ガニオン(『KAMATAKI-窯焚-』)、

2009年の根岸吉太郎

(『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』)

以来5年ぶり4度目の受賞となります。

 

1


今回受賞作品である、4月19日に公開予定の

「そこのみにて光輝く」は41歳で自ら命を

絶った不遇の作家・佐藤泰志が

遺した唯一の長編小説を映画化したものです。

 

 

試写会に行った方々の感想は、

「映画は原作に忠実だった」とのことでした

 

 

私は試写会を見ていませんので

原作の内容の話になります。

4

 
◇原作内容


ある出来事をきっかけに造船会社の仕事を辞め、

あてもなくただふらふらとしていた主人公・佐藤達夫

(綾野剛)は、パチンコ屋で拓児という青年(菅田将暉)

に使い捨てライターをあげたことをきっかけに知り合う。

 


荒っぽいところがあるが人懐っこい拓児は、達夫を家

に呼ぶ。

 


拓児の家は、サムライ部落の中でも取り残された

ようなかろうじて建っているバラックだった。

 

「サムライ部落」とは札幌市に昭和40年代まで

現実に存在していた下層社会であると言われる。

 

そこには寝たきりの父親と、父親の世話をする

母親、そして姉の千夏(池脇千鶴)がいた。

 

達夫と千夏はそれぞれの身の上を話すうちに、

惹かれあっていく。一家を支えるために辛い

仕事もする千夏に、不器用ながら一途に愛を注ぐ

達夫。

 

 

悲惨な家庭環境の千夏(池脇千鶴)はどう

なってしまうのか、2人の愛の行方はどう

なるのか、

 


しかし愛する千夏(池脇千鶴)の置かれている現状が、


・家庭は貧しく、千夏の夜の仕事で家計が成り立っている

・離婚歴があり、前の荒くれ旦那がヨリを戻そうとしている

・寝たきりの父親の世話を母親と交代で一日中している

 
という悲惨な現状。


 

そこで千夏への思いで達夫(綾野剛)の取った行動は、

・千夏の前の旦那に、何度も殴られながらも千夏の事を諦めさせる

・千夏に夜の仕事を辞めさせ、達夫が水産加工会社で働く

といった行動に出ます。

 


その後、拓児(菅田将暉)があまり儲からないグレーな

商売を辞めて土木作業員になったことや、寝たきりの父が

死んだことで、千夏は負の連鎖から解放されます。

 


結末は、

・達夫(綾野剛)と千夏(池脇千鶴)は結婚する

・拓児(菅田将暉)は、人を刺してしまい警察へ行く

・達夫(綾野剛)は、千夏と子供を残して鉱山へ働きに行く

こういった結果になります。

 

 
その後めでたく、達夫(綾野剛)と千夏(池脇千鶴)は

結婚して、1人の女の子に恵まれます。


親子3人で行動するためには車がひつようだと考えた達夫は、

義弟拓児(菅田将暉)の紹介で松本という男から中古車を購入。

 


この松本は、

・鉱山採掘会社の取締役

・達夫(綾野剛)を鉱山の仕事に加えたいと考えている

・バツイチだが、別れた女房とは今でも仲が良い

という人物です。

 

拓児(菅田将暉)は、松本の仕事が男らしくて、

うまくいけば大儲けできる仕事だと知り、松本の会社

で働くことを決めます。

 


達夫(綾野剛)は、


・家族のことなどを考えて迷っていたが、松本と鉱山

で働くことを決意する


・松本にばれないように、松本の前の妻と親密な仲になる

という行動をとります。

 

<最後に事件が>

達夫(綾野剛)と千夏(池脇千鶴)が結婚してから、

いろんなことがうまく行っていたのですが、ある事件

が起きます。

 

「大城拓児(菅田将暉)が、人を刺して逃げた」と警察

から連絡が入ったのです。

 

心配した達夫は拓児を探し回り、ついにみつけて話を

聞いてみると、「千夏は夜の仕事をしていたから、

千夏の子供の父親は達夫ではない」と馬鹿にされたことが原因で、

腹が立ってしまい相手を刺したと語ります。

 

それに対して達夫は「間違いなく俺の子供だ」と話します。

 

そして、達夫は拓児を警察まで見送り、松本に拓児の事件を話します。

 

以上が結末です。

 


出典

http://sakigake-tsushin.com/sokonominite-netabare/

 

3

 

◇呉美保経歴は?


お みぽ

呉 美保

生年月日    1977年3月14日(37歳)

出生地        日本・三重県伊賀市

職業        映画監督・脚本家

ジャンル   映画・テレビドラマ・CM

 

主な作品

映画

『酒井家のしあわせ』

『オカンの嫁入り』

『そこのみにて光輝く』


三重県伊賀市(旧上野市)生まれ。


三重県立名張桔梗丘高等学校、

大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。

 

在日韓国人3世。


実家は伊賀市で焼肉店を営む。

 

高校までは通名(日本名)を名乗っていたが、

人権教育を担当していた名張桔梗丘高校の

恩師の勧めにより、高校卒業後は本名を

名乗るようになる

 

wikipedia

 

今回の監督賞受賞とお子さんの出産予定

二重におめでとうございます。

 

これからも活躍をお祈りします。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930