旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

野茂氏トルネードで始球式「緊張」

読了までの目安時間:約 2分

野茂氏トルネードで始球式

 

ドジャース対レイズ戦を前にトルネード投法

で始球式をする野茂氏

 

 1995年からドジャースに在籍した野茂英雄氏(44)が

10日(日本時間11日)、かつて数々の好投を披露した

ドジャースタジアムで始球式を行った。

 

この日は先着5万人に同氏の首振り人形が配布された。

 

clip_image002

 

 野茂氏がドジャースタジアムを訪れるのは5年ぶりのこと。

功績を称える映像がスクリーンに映し出された後、大歓声を

浴びながら登場。背番号「16」のユニホームを着てマウンド

の手前に立つと、一世を風靡(ふうび)したトルネード投法で、

捕手役を務めた元チームメイトのエリック・キャロスが持つ

ミットに速球を投げ込んだ。

 

ボールはやや高めに浮き、ストライクとはいかなかったが、

球場に集まったファンからスタンディングオベーションを

受けた。

 

 野茂氏は「今日は少し緊張しています。

(どうしてかは)分からないです(笑い)。

 

今振り返ってみても、球団のオマリーさん(当時オーナー)、

ラソーダさん(当時監督)、球団のスタッフの助けがないと

、多分僕は成績残せなかった気がします。

 

こういう日を作ってもらえたのも、スタッフの人たちが、

自分がやりやすいように、自分がパフォーマンスしやすい

ように、環境を作ってくれたおかげなので本当に感謝

しています」と感慨深そうに話した。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930