旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

原発事故映画、放映出来ず

読了までの目安時間:約 3分

 

舞台を福島ではなく静岡県湖西市にしたのにも

狙いがある。

 

「原発事故は日本全体の問題なのに、福島だけのこと

ととらえている人が多いですよね。

なかには、原発事故は『もう終わったも

の』と言う人さえも出てくる。

 

つまり、他人事。だからこそ、映画の舞台を福島と関係

ない湖西市にした。東京や大阪のような都会でもなく、

日本中どこにでもある、いわば普通の町です。

 

そういう町で原発事故が起こることで、今福島で

発生している極限の悪影響が自分達の住む町でも

同じような影響が出てくることが考えられる。

 

clip_image002

 

その様なことを自分の故郷に重ね合わせて見て

くれるのではないかと考えたのです。

 

山本太郎氏は、沖縄に住む叔父役で登場し、家族を

沖縄に避難させようと父親を必死に説得する。

 

太田監督が撮影時の様子をこう振り返る。

 

「僕が書いたセリフなのに、太郎さんが言っている

としか思えない、迫真の演技をしてくれました。

 

『もっとセリフを増やしていいですか』と、

ものすごく真剣に取り組んでくれましたね」

では、なぜ、この映画がことごとく上映を拒否

されるのか。やはり、なんらかの圧力があった

のか。

 

「もともと、大きな映画館での公開は無理だろう

とは思っていました。

 

それは“原子力村”から直接的な圧力がかかる

ということではなく、何か面倒くさいことが起こる

かもしれないからやめておこうという“自粛”が

予想できたからです。

 

その点、単館系の映画館は大丈夫だろうと思って

いたのですが……。

 

それまでにあった原発ドキュメンタリーで観客が

入らなかったということで断られました。

 

僕の作品は原発モノというより、むしろホームドラマ

なのに……。

 

もちろん、大手同様に自粛したところもあったでしょう」
苦境に追い込まれた太田監督だが、ようやく救いの手が。

 

あるシネコン系グループが『上映する』と言って

くれたのです。

 

これを皮切りに多くの人が観てくれれば、やがて

大都市の映画館でも上映できると期待して

います。

 

太田監督の願いは叶ってほしい。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930