旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

HH-60ペイブホークの事故

読了までの目安時間:約 3分

HH-60ペイブホークの事故

沖縄県のキャンプハンセンの基地内に5日夕方

墜落炎上大破したアメリカ空軍の戦闘捜索救難

ヘリコプター「HH-60ペイブホーク」は、主に敵地で

墜落した味方航空機から脱出したパイロットを

回収を任務とする機体。

 

敵勢力下にある地上へ乗り込んで救出する過酷な任務のため、

戦闘捜索救難ヘリコプターのパイロットはアメリカ空軍の

パイロットの中でも熟練したベテランが割り当てられ、

日頃から任務遂行のため激しい訓練を行っています。

 

clip_image002

 

その結果、HH-60ペイブホークの事故率はかなり悪いもの

となっています。

 

統計データーによれば、HH-60ペイブホークは同系列の

機体である陸軍のUH-60ブラックホークより3倍も

事故率の数字が悪くなっています。

 

戦闘捜索救難ヘリコプターには選りすぐりのベテランパイロット

が集められますが、それを上回る過酷な任務と激しい訓練が

課せられているわけです。

 

航空機の事故率は同じ基本構造の機種であってもその遂行任務

によって大幅に変わっている現実があります。

 

そして事故率が高くなる原因が過酷な任務と激しい訓練に

よるものである以上、事故現場は戦場と演習場に集中します。

 

基地への離着陸や単なる移動のような通常飛行に限った場合は、

汎用型と事故率に大きな差はありません。

 

機体の基本構造が同一である場合、同じ運用条件ならば

安全性に違いはないことが示されています。

 

基地付近の通常運用であるならば、HH-60もUH-60も安全性

は同じくらいです。

 

これまでも、沖縄でアメリカ軍のヘリコプター事故は相次いできた。

 

2004年、宜野湾市内にある沖縄国際大学の構内に大型輸送ヘリ

「CH53」が墜落し、米兵3人が重軽傷を負った事故が起き、

市街地での墜落に衝撃が走った。

 

 沖縄防衛局によると、今回墜落した「HH60」に関連した事故は、

本土復帰後の1972年以降、県内で12件。去年3月にも、

不時着する事故が起きたばかりだった。

 

米軍基地が集中する沖縄住民の不安解消には、事故原因の

解明と防止策徹底が必要であろう。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930