旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

綿矢りささん、作家が結婚、プロフィールは? なぜ作家が会社所属なの

読了までの目安時間:約 4分


4

 

19歳の時に芥川龍之介賞した、作家の綿矢りささん

(30)が、2歳年下の国家公務員の男性と結婚したと

昨日報道がありましたね。

 

お相手は霞ヶ関に勤務する官僚。


2人が会ったきっかけは2009年半ばに、仕事上で

知りあい、その後お付き合いに発展したという。

 


綿矢さんは、「良い方とめぐり会えた幸せを糧にして、

書くお仕事と家庭の両立を目指します」とコメント。

 

1

 

綿矢 りさ

(わたや りさ)

誕生    山田 梨沙(やまだ りさ)

1984年2月1日(30歳)

日本の旗 京都府京都市左京区

職業    小説家

言語    日本語

国籍    日本


最終学歴    早稲田大学教育学部国語国文科

活動期間    2001年 -

ジャンル    小説

代表作    『インストール』(2001年)

『蹴りたい背中』(2003年)

主な受賞歴    文藝賞(2001年)

芥川龍之介賞(2004年)

大江健三郎賞(2012年)

処女作    『インストール』(2001年)

配偶者    既婚(2014年 - )

 

綿矢 りさ(わたや りさ、本名:山田 梨沙〈やまだ りさ〉、

1984年2月1日 - )は、日本の小説家。

 

京都市立紫野高校在学中「インストール」

で文藝賞を当時最年少の17歳で受賞しデビュー。

 

大学在学中の2004年、「蹴りたい背中」により

19歳で芥川賞受賞(金原ひとみと同時受賞)、

同賞の最年少受賞記録を大幅に更新し話題となる。

 

2


2006年に長編第3作『夢を与える』を発表。

早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後は

専業作家として活動している。

 

2012年、『かわいそうだね?』で大江健三郎賞

を最年少で受賞する。

 


筆名の「綿矢」は、姓名判断を参考に中学時代の

同級生の姓「綿谷」から拝借したもの。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%BF%E7%9F%A2%E3%82%8A%E3%81%95

 


株式会社 東京コンサーツ所属

東京コンサーツの主な所属者は作曲家を始め

指揮者や楽器演奏者など多数の音楽関係者

がメインで名を連ね、他には「歌人の俵万智」さん

「劇作家の堤春恵」さん「作家の綿矢りさ」さん等

が名前を連ねています。

 

3


綿矢さんは作家なのになぜ株式会社に所属する

のかと思い調べてみましたら、この会社の業務内容

の一部に「音楽家のマネージメント並びにプロデュース、

音楽の企画並びに録音テープ、レコードの製作音楽会、

演奏会の企画、設営並びに興行、音楽に関する著作権

の管理及び出版広告宣伝の企画制作」等があり、詳細

には分かりませんが「音楽に関する著作権の管理及び

出版広告宣伝の企画制作」に関する仕事で綿矢りさ

さんに委託する業務もあるのではと個人的には思います。

 

 

テレビでの音楽関係でも我々素人でもよく知っている

今まで放送された、NHK日曜日ゴールデン時間帯

午後8時から放送開始の時代劇の番組でも数多く

この会社が関係しているようですね。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930