旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

韓国サポーター日本を非難する横断幕

読了までの目安時間:約 3分

 

横断幕騒動の根幹は韓国サッカー協会の

“動脈硬化”である 連綿と続く派閥争い

 

ソウルで28日に行われたサッカー

東アジア杯の日韓戦で、韓国サポーターが

歴史問題で日本を非難する横断幕を掲げた

“愚挙”が、波紋を広げている。

clip_image002

 

翌29日、日本サッカー協会が抗議文を東アジア連盟に提出。

日本サッカー協会に日本政府の菅義偉官房長官も事実関係

を確認しているとのこと。

 

国際サッカー連盟(FIFA)の規約などを踏まえて

適切に対応する」と発言するなど、政治問題にまで発展する

可能性が出てきた。

 

 いつまでも問題が解決しないのは、韓国サッカー協会

(KFA)が、こうした、国際サッカー連盟(FIFA)

の規約違反に当たる、今までの各回の事件の後も

解決しようとしなかったことである。

 

 これまでもKFA側は日韓戦でけんかを仕掛けてきた。

1992年、UAEで開催されたワールドユースオーストラリア

大会予選。

 

日本は1-2で敗退したが試合終了後、当時の韓国のエース

ストライカーで現FCソウルの崔龍洙(チェ・ヨンス)監督(39)

が日本ベンチにボールを蹴り込んだことから、

GK川口能活(37)=磐田=と一触即発の事態になった。

 2004年のカタール国際大会でも事件があった。

 

U-23韓国代表の選手が「独島(竹島)は私たちの島」

と書いたTシャツを着てアピール。

日韓関係が現在のように緊迫するはるか以前にも、

竹島問題で挑発行為に出ていた。

 

 今回の日韓戦での横断幕の場合、

日本サッカー協会の大仁邦弥会長は「東アジア連盟に

対しハーフタイムの時点で『あれは問題だから、下げさせろ』

と言った」と明かした。

 

対戦相手を政治的に挑発もしくは侮蔑した行為があった場合、

その当事者は強制排除されるのはサッカー界の常識。

 

 だが日本側の主張がなければ掲示が続いていた可能性があった。

 ことあるごとに、日本協会は抗議してきたが、KFA側が謝罪した

ことは一度もないという。

 

この組織は派閥争いが常態化し“動脈硬化”を起こしていると言われる。

この実態こそが、暴挙が続く最大の原因だ。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930