旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

土屋アンナ側の200万円支払い裁判所和解案を甲斐氏が拒否、争点は?

読了までの目安時間:約 4分

5

 

土屋アンナ側の200万円支払い裁判所和解案を甲斐氏

が拒否、争点は?

 

 

◇裁判現状


女優土屋アンナ(30)の主演舞台公演中止問題を

めぐり舞台監督の甲斐智陽氏(63)が、土屋と

所属事務所に3026万円の損害賠償を求めた

民事訴訟の口頭弁論が15日、東京地裁で開かれた。

 

 


裁判所側が示した和解勧告案を、原告甲斐智陽氏側

が拒否。

 

 

土屋側は、アンナの母で所属事務所社長の土屋眞弓氏

も初めて出廷し、裁判所の和解案を受け入れる意向

を示した。

 

原本の著者、濱田朝美さん自身の著作権や著作内容

からの人権については、裁判所側が「著しく侵害

する手順で舞台化を原告側が進めていたものと

いわざるを得ない」等としたことなどから、

原告側は、和解案を拒否。

 

4

 


◇原因は、争点は

 


発端は、2013年8月に公演予定だった、土屋アンナ

主演舞台「誓い ~奇跡のシンガー~」。

 


舞台の原案は、濱田朝美が綴った自叙伝で

難病による障がいに苦しみながら、母と誓った

夢を追い求める物語だ。

 

7月中旬の時点では、主演の土屋アンナ

をはじめ共演者やスタッフ皆が、

“素晴らしい舞台に”と思い描いていたはず。

 

 

だが、2013年7月29日、舞台の製作側が、

突然、“土屋アンナが稽古を無断で休んでいる”

との理由で公演中止を発表。

 


この突然の中止発表に対して、アンナ側は

全く事実に反すると主張、原案作者の濱田さん

から、舞台化については無許可であったとの

情報であり、問題解決を訴えて稽古を

欠席したと主張している。

 

 

◇原告に対して私個人が疑問に思うことです


この裁判についてのネット上にある

情報だけでの疑問です


土屋側の行動も100%正しいとは言えない

でしょうが

 

① 原告の主張に沿えば、なぜ、最重要な

主演女優が複数回無断欠勤した時に直接

それを解決する手段を原告は取らなかったのか?

 

3

 

無断欠勤した事が事実であれば、欠勤した

主演女優に最大の責任はあるが、製作者側

にも舞台公演を成功させると言う、責任が

あるのではないのか?

 


②7月29日になぜ前触れもなく、突然公演

中止を発表したのか?、

 

原作者の舞台化の承諾を取るための努力は

行っていたのか?


行っていたとすれば、どこまで話が進んで

いたのか?

 

主演女優が主張している舞台化に対する

原作者の許可の進捗状況や、許可を得る

見込みの期日等の連絡は女優側に行って

いたのか?

 

著作者の許可取得は制作者の責任では

ないか?


※裁判所の指摘もこれについて否定的な

判断を示しているのではないか?

 


③今回の裁判で原告側の上記の対応は

は全く記載がないが、そのような時点で

なぜ土屋側に高額な3026万円もの

損害賠償を裁判で請求するという行動に

出たのか?

 


今私が入手できる情報からの疑問点です

 

6

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930