旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

中日・大島、2度目交渉も平行線、保留 年俸調停が現実味か?

読了までの目安時間:約 6分


中日・大島、2度目交渉も平行線、保留

年俸調停が現実味か?

 

2


大島、球団との2回目の契約更改交渉、1時間で

結果は保留で、球団の提示は7400万

 


大島自身昨年度は、限度枠一杯迄下げられま

したが、その際に、落合GMより来季は悪かった

ら下げる、良かったら上げる…って言われて

いるらしいですね。

 

そして今年は自己最高成績でした。


しかし、昨年度の年棒より低い提示なんですね

 


そこで、大島が自分の希望と違うために、球団が

大島自身と同程度の成績を出した選手に対して

今まで、どれ位の年収額を提示したかのデータ

を算出して今回の交渉に臨んだそうです。

 


その結果から算出した額は9000万位。

 

球団の説明は今シーズンはセリーグ6球団中

4位の成績、最低でも準優勝くらいであれば

希望額での契約更新は可能であるが、4位では

球団提示額の7400万が限度である、とのこと。

 

3

 

昨年の契約更新時にGMから言われた事を

胸に今シーズンは自己最高の成績でチーム

に貢献した、と自負している。

 


去年限度枠いっぱい下がったが今年はしっかり

やったと思う。

 


今回の交渉では自分の考えていることは言った、

今はスッキリしている、年内にもう一度交渉

に臨みたい。

 


自分の希望額は伝えましたので球団の提示が

変わらないなら調停になるでしょうが、球団代表

何とか解決したいとは話してくれました。

 

1


大島自身自分の要求額は中日球団の過去の

データーを基に算出し、当然の要求だと

考えているようです。

 

彼の話した、球団との交渉がまとまらない場合は

調停という話をしていますので、その年俸調停

について調べてみました。

 


◇年俸調停とは


実情


選手の権利とされる年俸調停だが、年俸調停を

申請する選手は非常に少なく、制度が導入されて

40年以上経過した時点で調停に至ったのはわずか

7選手しかおらず、球団提示額より上積みを勝ち

取った選手は3選手しかいない。

 

さらに、調停後に契約した選手は、これが要因

・遠因となったかは不明にせよ、その後3年以内

に戦力外通告やトレード、あるいはFA権を行使

しての移籍により退団している。

 


1996年オフに石井浩郎(近鉄)が野球協約制限

を超える50%ダウンの年俸提示をしたため、

年俸調停を申請。

 

日本野球機構からの要請を受け、いったん契約

した後に巨人へトレード移籍した。

 


2001年の下柳剛(日本ハム)の際には、球団側

は一度は1億3,900万円を提示したにもかかわらず、

年俸調停に持ち込む場合は1億3,750万円を提示

するとして、提示額を引き下げてしまった。

 

調停の申請が選手の権利であることから、こ

引き下げには批判が出た。

 


2007年オフにG.G.佐藤(西武)が球団との5度目

の交渉決裂から年俸調停を申請したが、パ・

リーグ小池唯夫会長は西武球団とG.G.佐藤から

申請された年俸調停を受理せず、もう一度両者

で話し合いを行うよう指示した。

 

 

これは「参稼報酬は両者が話し合って決める

のが大原則」という小池会長の考えによる。

 


2010年オフに柴原洋(ソフトバンク)は野球

協約の定める減額制限(1億円超は40%)を

超えた約60%ダウンとなる5000万円の提示

れた際に、制限の7200万円を希望し、年俸

調停を申請した。

 


球団は選手の同意を得たとしていたが、

コミッショナーは「制限を超える減額に

ついての同意があるのかが不明」として

受理せず、双方に話し合いを求めた

 

その後、双方が折れて契約した。


従来は、実際は調停委員を構成するコミッショナー

及び連盟会長の任命権限は各球団にあるため、

選手側が勝利する可能性は限りなく低かった。

 

しかし、2009年に野球協約が改正され、

調停委員会がコミッショナーから独立した。

 

改正によって「中立機関」となった最初の

ケースである西武の涌井秀章の場合、

調停委員会のメンバーは2人の弁護士と、

前巨人監督で元選手の堀内恒夫の3名となった。

 

過去に調停が妥結した事例

表の年は、当年シーズン終了から翌年シーズン

開始までの期間、すなわちシーズンオフを

意味しており、調停が行われた年ではない。


太字は球団提示額より上積みの金額。

 

1


引用サイト

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F

%82%E7%A8%BC%E5%A0%B1%E9%85%AC%E8%AA%BF

%E5%81%9C

 

 

過去の事例は年俸調停を行っても、ほとんど

球団の方に有利な気がしますね。

 


しかし、大島選手も契約更新時の言葉を胸に

自己最高の成績と今までの球団報酬データーを

提出していましから、何とか大島選手の要求額

で決着を望みますね。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930