旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

FIBAよりバスケ日本代表、国際試合の停止処分 、その経緯と理由は

読了までの目安時間:約 5分

1

 

FIBAよりバスケ日本代表、国際試合の停止処分

、その経緯と理由は

 


11月26日、国際バスケットボール連盟(FIBA)

が、日本バスケットボール協会に対し資格停止

処分を決めたことを発表。

 


この処分によって、日本チームの、男女ともに

全ての国際試合に出場できなくなる。

 


2016年夏に南アメリカ大陸で初めて開催される

夏季オリンピックがブラジルのリオデジャネイロ

で開催予定のオリンピック予選への出場も、現時点

では不可能という異常事態になった。

 

3

 

スポニチによると、FIBAのバウマン事務総長

は日本代表の対海外活動について「ジュニア

を含め親善試合も禁止する。

 

厳しい姿勢で期間は未定とし、6カ月になるかも

しれないし2年になるかもしれない」と発表。

 

 


国内のバスケットボールの最高峰リーグが、

ターキッシュエアラインズbjリーグ と

ナショナルリーグ (NBL)の2つに分裂して

いることが問題であると指摘。

 


2008年にFIBA(国際バスケット連盟)から、

一国家でひとつのリーグが理想、

(JBLとbjリーグの)統合が望ましい、として

FIBAは2008年から統合をうながされてきており

2014年10月末までに、リーグ統合に向けた

具体的進展を示すよう迫られていた。

 

FIBAからの要望を受けて、プロ化検討委員会が

できて以来、議論を重ねて来たが、悲願である

リーグ統合とプロ化の実現はまたも断念、

先送りにされた格好で、結果、統合の動きは

進まなかった。

 


日本協会の深津泰彦会長は、回答期限の迫った

10月23日に電撃辞任し、日本協会は回答期限に

解決できず、さらに機能不全に陥っていた。

 

2


◇リーグ分裂の経緯は?

 

国内のバスケのトップリーグは2005年から9年

以上の長期に渡り分裂状態となっている。

 


2002年には、新潟、さいたま、横浜、千葉の

4チームがプロ化推進プロジェクトを立ち上げ、

同年7月の理事会で活性化検討委員会につなげ

ていくが、2003年になってもリーグ運営は

アマチュアのままで一向に前に進まなかった。

 


業を煮やしたチーム側は2004年の1月には研究会

を発足してプロ化についての回答をJBLに求めるが、

結局具体的な回答は出なかった。

 


8月にはついに新潟とさいたまがJBLから脱退して

自分たちでプロリーグを設立すると宣言し

bjリーグを創設。

 


バスケットボールの国内リーグは、プロリーグ

設置に積極的だった新潟と埼玉がbjリーグを

創設し宮城、東京、大阪、大分の4チーム

を加えて6チームで2005年11月5日に開幕した。

 


それでも、JBLは自らのプロ化の動きとして

2006年の4月にプロリーグへの参入決定と内定

の10チームを発表。

 

以来2つのトップリーグが存在し、現在はbj

リーグに22チーム、NBLに12チームが所属

する。

 

4

 

◇NBLとbjリーグの統合が進まない背景は?


NBLとbjリーグの統合が進まない背景には、所属

チームのチームの名前に企業名が入れるかを

巡って綱引きが行われる、ネーミングの問題が

あるといわれる。

 


bjリーグは地域密着型の運営を行っている

ため、チーム名に企業名は入らない。

 


他方、NBLは実業団の流れを受け継ぎトヨタや

東芝などチーム名に企業名が入っている。

 


チーム名に企業名を残すか、残さないかの解決が

両リーグが一つになれない大きな課題であると言

われ協議が行き詰まっている様子。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930