旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

アギーレ監督八百長関与認定なら「任命責任」問う声必至の情勢

読了までの目安時間:約 3分

 

2

 

日本代表のアギーレ監督

 

毎年、スペインリーグではシーズン末は国内

リーグの1部残留をかけた熾烈な戦いが行われる。

 

2011年5月のスペインリーグの八百長疑惑の渦中

にある現日本代表のハビエル・アギーレ監督(56)。

 

2011年のこの時期、既にエルクレスとアルメリアの

2部降格は決定しており、残り1枠から逃れるために

残留争いをしていたのは、サラゴサ、マジョルカ、

ヘタフェ、デポルティーボの4チームだった。

 

同監督が当時率いていたサラゴサが一枠残った2部

降格可能性のある背水戦で既に一部残留を決めて

いたレバンテ戦での八百長への関与が認められた場合、

日本協会担当関係者に対する「任命責任」を問う声が

噴出する可能性のあることが判明した。

 

試合結果は、疑惑通りサラゴサが一部残留を決めた。

 

1

 

八百長試合を行った疑いがあると、現スペインプロ

フェッショナルリーグのハビエル・テバス会長が、

今年初めに警察へ調査を依頼。

 


その結果、スペインサッカー汚職防止検察機関が調査

に乗り出し、関係者の一部を検察機関に呼び出した、

というのが今回の経緯だ。

 


実際の調査自体は18ヶ月前から水面下でスタート

しているらしく、可能な範囲で、証拠を固めた上

での検察機関が関係者の事情聴取を行っている

状態である。

 


実際はアギーレ自身は海外在住ということで

事情聴衆は未だ受けていないとのこと。

 


しかし今後、裁判に発展して有罪となれば日本

代表監督としての職務続行は不可能となる。

 


協会関係者によれば、同監督の招へいに尽力した

日本協会の原専務理事、霜田技術委員長も責任を

問われる可能性は当然高いという。

 

3

 

現在、欧州滞在中のアギーレ監督は「大丈夫」と

自身の八百長への関与を完全否定しているが、

今スタートして数ヶ月のアギーレ、代表ジャパン

その言葉を信じたい。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930