旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

アギーレ監督に多額振り込みの疑い、レバンテ側に? スペイン八百長問題

読了までの目安時間:約 4分

4

 

アギーレ監督に多額振り込みの疑い、レバンテ側に?

スペインリーグ八百長問題

 

毎年下記の構成で、シーズン末は国内リーグ

の1部残留をかけた熾烈な戦いが行われる。

 

男子

プリメーラ・ディビシオン(1部)

とセグンダ・ディビシオン(2部)

はリーガ・デ・フトボル・プロフェシオナル(LFP)

によって組織される全国リーグである。

 

セグンダ・ディビシオンB(3部相当)と

テルセーラ・ディビシオン(4部相当)は

スペインサッカー連盟(RFEF)によって

組織される地域別リーグである。

 

5部以下のリーグは19地域のサッカー協会

によって組織される地域別リーグである。

 

カッコ内の数字は所属するクラブ数

 

5

 

ところが、3年前の1部リーグへの残留争いの中の

試合で八百長が行われた疑いがあり、その渦中に

現在、日本代表監督のハビエル・アギーレが巻き

込まれている。

 

アギーレ監督が当時のスペインリーグ・サラゴサ

の監督を務めていた2011年5月21日の

レバンテ戦に八百長の疑いが浮上している問題で、

サラゴサの当時の会長から同監督の銀行口座に

多額の金が振り込まれていた疑いがあることが、

スペイン検察庁反汚職局の調べで分かった。

 

5

 

2011年当時サラゴサ所属の選手として、

疑わしい試合に出場していたガビ

(現在古巣のアトレティコ・マドリーのキャプテン)

が、この試合で金銭が動いたことを具体的な

金額と共に反汚職防止検察機関に証言。

 

22日付のスペイン紙マルカによれば、当時サラゴサ

会長だったイグレシアス氏はレバンテ戦前に総額85万

ユーロ(約1億1500万円)を振り込み、これらが

レバンテ側にわたった疑いが持たれているという。

 

さらに同検察庁は口座に振り込みがあった疑いがある

人物を9人に絞り、アギーレ監督やMFエレラ

(マンチェスター・ユナイテッド)らが名を連ねて

いると報じた。

 

1

 

これまで、スペインメディアはアギーレ監督には

9万ユーロ(約1215万円)が支払われて

いたと報じているが、国外に居住する同監督

らには、事件として起訴されない限りは証言

などの義務はないとされている。

 

だが、マルカ紙は検察庁が必要と判断した

場合、各国の裁判所に委任状を送る可能性

があるとしている。

 

http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20141023/soc1410231205004-n1.htm

 

これらの報道に接すれば限りなく黒に近く

疑わしいですね。

 

日本サッカー協会シーズン途中でどの様な

判断するのでしょうか?

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930