旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

「大使閣下の料理人」広末涼子初共演で櫻井翔 の妻役、ストーリー・キャストは

読了までの目安時間:約 7分

 


3 


2015年新春特別テレビドラマ「大使閣下の料理人」

のヒロイン役が嵐の剛力彩芽さんであることが

発表されましたね!

 

広末涼子さんは料理人演じる櫻井翔さんの妻役で

剛力彩芽さん役どころはその料理人の助手。

 


原作では、ベトナム人と日本人という2人

の助手が登場していました。

 


しかし、剛力彩芽さん演じるヒロイン「レイ・ティー・蘭」

は助手2人の要素を混ぜ合わせたドラマ用のキャラクター

です。

 

9


”日本とベトナムのハーフ”ベトナム国籍の

レイ・ティー・蘭、民族衣装アオザイを着て

ベトナム語を話すシーンも登場です!

 

 


大使閣下の料理人とは?


「大使閣下の料理人」は時には外交

にも影響を与えるという公邸料理人

(大使館の専属シェフ)をモチーフ

にした物語。

 

 


原本は1998年まで日本大使公邸料理人で

あった西村満さんのエッセイでしたが、その後

『大使閣下の料理人』でモーニング(講談社)

にてデビューにおいて作画かわすみひろしで

漫画化されました。

 

 

連載期間は1998年~2006年。単行本は全25巻と大作!

 


2002年、第6回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞

マンガ版「大使閣下の料理人」は現在累計販売数

190万部を突破。

 

 


あらすじは?(ドラマ版)

 

主人公の大沢公は一流ホテル副料理長の

として働いていたが、自分が歯車のよう

にただ漠然と料理を作っていることに

ある日疑問を感じ、それについて葛藤

を覚える。

 


「お客様に気持ちが届いているのだろかう?」

 


そんな時大沢公は「公邸料理人募集」のパンフレット

を見て、日本国大使館公邸の料理人になることを

決意する。

 

4

 

大使館公邸の料理人になった大沢公は、日本では

作れなかった「気持ちを届けられる料理」

を作ることに情熱を注げる

 


それから2年後の2015年、大沢公は在ベトナム日本大使

公邸の公邸料理人。

 


ある日、ベトナムの外務大臣であるグエンを審査官

として大沢公はフランス大使館公邸のシェフと料理対決

をすることに。

 


外務大臣のグエンは大沢公がベトナムに赴任して、

外交の席で初めて料理を振る舞った主賓だった。

 

 

「外交の席での料理はおいしければいいわけではない、

ゲストの心を動かす料理とは?」

 

 

フランス大使館公邸のシェフとの料理対決の結果は?

 


政府高官や各国の大使たちとの食卓外交や、ベトナム

市民の人々との交流を通じて、大沢公は自身の料理

のスキルに磨きをかけていく。

 


ベトナム大使館公邸での料理人として4年間の生活

を終え再び日本へ帰国し、ベトナムで鍛えたその

腕前を披露する、というようなストーリー展開です。

 


キャストは?

 

物語のキーマンである大使閣下・倉木和也

(くらきかずや)役を演じるのは、西田敏行。

 

5

 

外務省のエースで、進展しないベトナムとの

関係改善のため、駐ベトナム日本国全権大使

として派遣された倉木。

 

櫻井翔が演じる主人公・大沢公(おおさわこう)

を公邸料理人として採用した男だ。

 

言動は常に温厚で、時にユーモアを交ぜるが、

圧倒的な知謀をめぐらせ、魑魅魍魎が渦巻く

外交の最前線を闘い抜く、外交のプロ中のプロ。

 

食にも造詣が深く、その味覚、知識は各国の

要人も舌を巻くほど。

 

そんな、これまでにないすさまじい人間を、

名優・西田が抜群の存在感で快演する。

 

倉木を通訳として支えるベトナム語専門職員

古田誠一(ふるたせいいち)役を、大倉孝二が

演じる。

 

6

 

倉木を尊敬し、ベトナム語の通訳者として倉木

を支える。

 

熱血漢ながら、時に茶目っ気を見せ、緊迫する

外交舞台に和みを加える。

 


物語では、通訳という重大な役目だからこその、

大きな外交トラブルを招くことになるが…。

 

インパクトのある演技では右に出る者はいない

大倉が、個性豊かな新しい通訳者を創造する。

 


さらに、ベトナムでのし烈な外交戦を日本から

サポートする外務省官僚・江口悟(えぐちさとる)

役として、NEWSの加藤シゲアキが出演。

 

7

 

今回は「日本の新幹線輸出」という、現実でも進行

している外交案件に奔走する好青年を演じる。

 


そして外交の現場以外にも豪華な出演者が登場する。

 

主人公が公邸料理人となる前に働いていた一流ホテル

にて、フレンチのシェフを務める村上信蔵役を竹中直人

が演じる。

 

8


何百人という客を相手にするホテルの体質に疑問を持ち、

村上から袂を分かった公。

 

 

今回はシェフとして、どのように役を料理するのか注目だ。

 

その一流ホテルに公が働いていた時に出会い、今は妻と

して公を支える大沢(おおさわ)ひとみ役に、広末涼子

が決まった。

 

 

まとめ


2015年新春ドラマ「大使閣下の料理人」は1月3日放送!

 

「日本とベトナム・外交と料理」と言う通常は

気づかないようなテーマを扱っていますね。

 

「言葉は違えども、食べる人のことを思って

つくった料理は国境を超える」

 

現地ベトナムでのロケも行われたそうで背景にも

楽しみですね!

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930