旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

オリックス金子投手、ポスティング認められず 米大リーグ挑戦断念

読了までの目安時間:約 4分

 

オリックス金子投手、ポスティング認められず

米大リーグ挑戦断念

 

 

24日、国内フリーエージェント(FA)

宣言をしているオリックスの金子千尋投手

(31)がポスティングシステム(入札制度)

を利用しての今オフの米大リーグ挑戦を断念

したことを明らかにした。

 


昨日、2014年11月24日京セラドーム大阪

でのファン感謝イベント終了後、FAについて

「ポスティングは利用しない方向で考えている」

と話した。

 

5


そのため、今回は「国内FA」のみとなり、

今後はオリックスに残留するか、国内の他球団

に移籍するかに絞られる。

 


金子投手はMLBへの移籍断念の理由を話さなかった

が、今の時点でのポスティング利用は所属球団が

決定権を持つため、断念したと思われる。

 


オリックスの球団の担当幹部は入札制度を利用して

のメジャーリーグへの移籍は認めない意向を示して

いた。

 


ポスティングシステムを利用せずに海外移籍が可能となる

次の「海外FA権」取得は4年後となるが、金子は

「今年以上にメジャーに挑戦したい気持ちが出てくるかも

しれない」と海外FA権取得以降のメジャー移籍の可能性を

話した。

 

また、今後の交渉について「関連する全てのことを色々な角度

から検討したい、中途半端には決めたくない」と時間を取って

十分検討する考えを示した。

 

6

 


▼FA申請期間がスタート


FA権を行使する場合は日本シリーズ終了の

翌日から土、日曜日と祝日を除く7日間以内に

在籍球団への通知が必要で、ことしは11月11日

が期限。

 

翌12日にコミッショナーからFA宣言選手

として公示され、13日から契約交渉が解禁

となる。

 


出典

オリックス金子の動向に注目 FA申請期間がスタート

:日本経済新聞

 

 


▼フリーエージェント(FA)制度とは


日本野球機構(NPB)組織のいずれの

球団とも選手契約を締結できる

「国内FA」と、外国のいかなる

プロ野球組織の球団も含め、

国内外のいずれの球団とも選手

契約を締結できる「海外FA」の

2種類がある。

 


「国内FA」権を取得するには原則

として8シーズン、「海外FA」権を

取得するには9シーズンの出場選手

登録日数が必要である。

 


また、一度FA権を行使して球団と契約

した選手は出場選手登録が4シーズン

に達したときに「海外FA」となる資格

を取得する。

 

7

 

選手はFA宣言したうえで移籍せずに

前所属球団と契約することもできる。

 

FA移籍が成立した場合、一定の条件下

で移籍先球団から移籍元球団へ金銭補償

や人的補償が必要になる場合がある。

 

現行制度では、外国人を除く年俸上位

11位以下の選手(Cランク)のFA移籍に

おいては補償は不要である。

 


出典

フリーエージェント (日本プロ野球) – Wikipedia

 

 

一人のフアンとしては日本でプレーして欲しいが

本人にとってはプロであるし、自分の力をMLBで

試してみたいと言う気持ちもあるだろう。

 

 

「海外FA」となる資格が取得可能な4年先に

チャレンジして大いにはばたいてください。

 

その時もお応援しますよ。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930