旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

アギーレJの初白星は没収試合? FIFAが ベネズエラ戦を日本の勝利に変更

読了までの目安時間:約 3分


アギーレJの初白星は没収試合? FIFAが

ベネズエラ戦を日本の勝利に変更

 

国際サッカー連盟(FIFA)の公式サイト上

で3―0の没収試合扱いとなっていることが

19日、判明した。

 


没収試合となった原因はベネズエラの違反行為

にあった。

 

日本協会によれば、日本戦に先発したベネズエラ

代表FWのS・ロンドンは、日本戦の4日前の

韓国戦で退場処分を受け、出場停止中だった。

 


記録上は日本の快勝となったが、アギーレジャパン

FW武藤(FC東京)、MF柴崎(鹿島)

のともに代表初ゴールが消滅した形となった。

 

1


9月9日のベネズエラ戦がベネズエラ

の規約違反により没収試合に

武藤&柴崎 の初ゴール変更なし…

 

3

 


同試合はハビエル・アギーレ体制2戦目

となった日本代表が、横浜国際総合競技場

にベネズエラを迎え、武藤嘉紀と柴崎岳

がそれぞれ代表初ゴールを挙げ、常に

先行する形で展開したが、同点とされ、

2-2の引き分けに終わっている。

 

 

試合後、日本協会はその事実に気付き、

FIFAにリポートを提出した結果、ベネズエラ

に没収扱いとする厳しい処分が下された。

 

 

ここで問題になったのが公式記録の扱いだ。

 

通常、没収試合は実際のスコアに関係なく

3―0となるため、得点者などが取り消される

可能性もあったため、日本協会がFIFAに

確認したところ、日本の記録は原則、残される

という連絡を受けた。

 


数日後にFIFAから返答が届き、原専務理事は

この日「ベネズエラのミス。こちら側に不利益は

生じないとのことだった」と説明。

 

2―2のスコア、各選手の代表選手としての

試合出場数や得失点などは変更なしとなった。

 

日本サッカー協会の原専務理事によると、出場停止

の選手名などが通知されるW杯予選やアジア杯

のような公式戦では起こり得ないことだが、

親善試合だからこその考えられないミスだった。

 


日本側は規約違反を行った当事者ではないため

FIFAから処分はない、しかしベネズエラの

規約違反により武藤、柴崎の代表として初の

記念すべきゴールがいわく付きとなってしまった

ことは残念なことである。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930