旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

MLB「イチロー」今までの経歴と気になる2015年 移籍先は

読了までの目安時間:約 7分

 

MLB「イチロー」今までの経歴と気になる2015年

移籍先は

 

15-4

 

今シーズン終了時にニューヨーク・ヤンキース

でFAを取得した、イチローは移籍との報道があり

ます。

 

 

今年で41歳になったイチローの今までの活動と

今後報道されていることを調べてみました。

 

 

1991年、愛工大名電高校からドラフト4位で

オリックス・ブルーウェーブに入団し2000年

まで在籍。

 


2001年MLBに挑戦しシアトル・マリナーズに

3年総額1400万ドル(約14億、1$=100円計算)

で正式契約を結び、野手としては日本人初の

メジャーリーガーとなった。

 

 
2012年7月23日にトレードでマリナーズ

からヤンキースに移籍


ニューヨーク・ヤンキース (2012 - )

今年度FAとなる。

 

イチローの移籍先としてDバックスが急浮上

GM「ずっと興味持ってきた」

 

GM会議の最終日となった13日(日本時間14日)、

現役通算168勝を挙げたデーブ・スチュワートGMが

イチローについて「彼ほど偉大なプレーヤーはいない」

とした上で、「我々はずっとイチローに興味を持ってきたし、

今でも興味を持っている。


もちろん、今でも彼が偉大な選手であることは分かっている」

と言及した。

 

出典 — スポニチ Sponichi Annex 野球

イチローがレギュラーを確保できる環境も今のダ軍には十分ある。

「外野手はいるが、チームが勝つためにどのように組み合わせ

なければいけないか、そこを検討しないといけない」と同GM。

今季両リーグワーストの98敗を喫してナ・リーグ西地区最下位

に沈んだチームは、規定打席に到達した外野手がいなかった。

 

15-1

 

主砲で左翼手のトランボが右足の骨折で長期離脱。穴を埋める

存在もおらず、新人インシアルテの118試合出場が外野陣最多

だった。

 

今後は12月8日(日本時間9日)から4日間行われるウインター

ミーティングの前後に、FA市場が大きく動く。ダ軍の動向が注目される。


イチロー、パドレス移籍浮上!GM、チーム再建の柱に「欲しい」


Dバックスとは


アリゾナ・ダイヤモンドバックス(Arizona Diamondbacks、略称:ARI)

は、アメリカMLB、ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。

 

本拠地はアリゾナ州フェニックスにあるチェイス・フィールド。

 

チーム名は、アリゾナ州一帯に生息するダイヤガラガラヘビ

(背中に菱形の紋様を持つヘビ。ヒシモンガラガラヘビとも言われる)

に由来している。

 


野球のグラウンドであるダイヤモンドにも通じる命名である。

チーム名が長いため“D-Backs”と略表記されることもある。

 

15-2

 

天才イチローならこそ可能なことですね。

 

USAのプロスポーツ界において年間10億を超す

報酬でMLB球団からオファーがかかる。

 

自分の信念に向かって頑張って欲しいですね、

今後も日本から応援しています。

 

 

引用先

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%AD%E3%83%BC

 


プロフィール

名前
イチロー(鈴木 一朗)


愛称
イチロー、安打製造機、wizard


国籍 日本


生年月日  1973年10月22日


出身地 愛知県西春日井郡豊山町

身長 180cm

体重 72kg

 


在籍チーム


オリックス・ブルーウェーブ (1992 - 2000)

シアトル・マリナーズ (2001 - 2012)

ニューヨーク・ヤンキース (2012 - )

 

 

ポジション 主に右翼手

背番号 51


ドラフト

1991年 ドラフト4位でオリックス・ブルーウェーブ

(現 オリックス・バファローズ)に入団

 


プレイスタイル

 

15-3

 

打撃

日本プロ野球とメジャーリーグのシーズン最多安打記
録を保持しており、驚異的にヒットを量産することか
ら「安打製造機」と称される。


特筆すべきは本人が狙って打っていると語る、

内野安打の数で全ヒットの20%にも及ぶ。シーズン

を通してコンディションの波に左右されず出塁

できる内野安打こそが、イチローの高打率を支え

ているとも言われている。

 

またイチローと言えば、日本時代の代名詞となってい

た振り子打法であるが、メジャー移籍の少し前から

フォームの修正に取りかかり、現在では以前のような

足あげは見られない。これはメジャーリーグの速球と

ムービングボールに対応するためと言われている。


 
守備

イチローの守備を語る上で欠かせないのはレーザー

ビームと称される補殺である。


その強肩から繰り出される低い弾道の正確な送球を

見て、当時の実況アナウンサーが

『A laser beam strike from Ichiro!』

と叫んだことに由来する。


一般的に本塁での捕殺のイメージが強いがレーザー

ビームの始まりは右翼から三塁への送球であった。

 


また俊足と鋭い読みを活かして、捕球が困難かと

思われる打球でもファインプレーでキャッチしてしまう。

 

2005年に見せた、ギャレット・アンダーソンが打った

ホームラン性の球をフェンスをよじ登ってのキャッチ

するなど、守備でのファインプレーもイチローの魅せ

場の一つである。

 

走塁

ホークスの川崎宗則が行った、一塁へのヘッドスライ

ディングに対して苦言を呈すなど独自の走塁哲学を持

つイチローであるが、盗塁においてもイチローならで

はの美学を持っている。 盗塁数にはさほど関心なく盗

塁成功率にこだわりを持っており、「いけなかったら

いかない。みすみすアウトになるようなことはしない

」というのが基本姿勢である。

 

それでもメジャーでの盗塁は毎年30盗塁以上を記録

している。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930