旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

金子、日本球界を代表するエースがFA権の行使という重い決断

読了までの目安時間:約 6分

 


オリックス金子FA権の行使を表明

 


11日に終了したプロ野球のフリーエージェント

(FA)権行使の申請期間が終了した。

 

去就が注目されるオリックス・金子千尋投手(31)

が大リーグ移籍を考慮し、今年取得した「国内

FA権」の行使の手続きを行った。

 

12-4


FA権とは


引用先

http://ja.wikipedia.org/wiki/

%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88_

(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%97%E3%83%AD%E9%87%8E%E7%90%83)

 


フリーエージェント(free agent, FA)とは、

いずれの球団とも選手契約を締結できる権利を

もつ選手のこと。

 


フリーエージェントとなることができる権利を

「フリーエージェント(FA)権」、選手がFA権

を行使することを「FA宣言」という。

 


選手はFA宣言したうえで移籍せずに前所属球団と契約

することもできる。

 

FA移籍が成立した場合、一定の条件下で移籍先球団

から移籍元球団へ金銭補償や人的補償が必要になる

場合がある。

 


現行制度では、外国人を除く年俸上位11位以下の選手

(Cランク)のFA移籍においては補償は不要である。


日本におけるFA制度は1993年のオフに導入され、

2003年、2008年に改正が行われた。

 

 

今回のオリックス金子の来季可能な選択肢は

オリックス残留のほか国内他球団への移籍

さらに、ポスティング・システムによる

メジャー挑戦が可能である。

 

12-5


国内FA権を利用し、同時にポスティング・

システムを利用するというのは史上初めて

の権利行使と言われる。

 

 

したがって、規約上は日本の12全球団と

メジャールーリーグアメリカ合衆国及び

カナダの合計30球団による争奪戦に入る

可能性もある。

 


大リーグ移籍も考慮しての国内FA権の行使。

 


自球団に残ってほしい金子が、仮に日本の

他球団に移れば、オリックスとしては直接

移籍先球団と試合を行う可能性もあり感情的

には反対であろう。

 

 

国内FAは所属先が決まるまではオリックスが

保留権を持つため、直接対決の必要のない

米球界移籍のためのポスティング・システム

を申請できる。

 

 

野球協約上の問題はなく、同制度をオリックス

が容認すれば、国内FAと併用する史上初の

ケースとなり、日米42球団との交渉が可能。

 


現時点では獲得を目指す国内球団としては

昨年主軸エースの田中がメジャーに移籍した

楽天や中日、ソフトバンクが獲得を目指す

ものと考えられる。

 

12-6

 

金子自身は、かなり考えて悩んだ、全ての

可能性を考えたいと思い、こういう決断に

なったと、国内FA権行使に至った経緯を

説明した。

 

 


この日、午前7時半に意思を伝えられた、

オリックスの瀬戸山隆三球団本部長は

「ショックで残念だが、来季も一緒にやれる

ように引き続き、粘り強く交渉していきたい」

と話した。

 


10月22日、金子自身渡米し、

ワールドシリーズ第3戦を観戦。

 


「昔からアメリカの球場の雰囲気には憧れを

持っていたが、実際その球場で観戦し、そこで

プレーして見たいという思いは変わらなかった」

と発言。

 


今の段階では最も希望するメジャー移籍に備え、

移籍時に必要となる代理人にアーン・テレム氏

(ダルビッシュ(レンジャーズ)を顧客に持つ)

を最有力候補に選定するなど情報収集や事前準備

を進めている。


打者としてメジャーに移籍しても、名前を残し

ている日本人はイチローと松井しか知らない。

 

しかし、日本人投手はメジャーに移籍し成功して

名前を売っている選手は多い。

 

12-7

 

日本ハムの大谷翔平選手二刀流・両刀使いとして

活躍し投手としても、打者としてもそれぞれの

成績を残す選手であるが、メジャーリーグの

スコアラーが、大谷翔平の試合観戦に来て

いるとのこと。

 

 

メジャーの自チームの投手として入団してほしい

と話しているとの報道もある。

 

金子選手は日本のエースとして活躍した実績もあり

当然、メジャーのスコアラーも彼のデーターは

集取しているはず。

 

是非、メジャーで頑張って欲しいと思いますね。

 

 

Wikipedia 引用


◆金子 千尋(かねこ・ちひろ)1983年(昭58)

11月8日、新潟県三条市生まれの31歳。

 

長野商で2年時にセンバツに出場し、2回戦敗退。

 

02年にトヨタ自動車に入り、04年に都市対抗に出場。


04年のドラフト自由獲得枠でオリックスに入団。

 


10年に初めて最多勝に輝き、昨季は200奪三振で

最多奪三振、今季は4年ぶりの最多勝と最優秀防御率を獲得。


1メートル80、77キロ。右投げ左打ち。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930