旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

”サンゴ密漁”罰金や保釈金大幅引き上げへ 政府、与党方針

読了までの目安時間:約 4分


”サンゴ密漁”罰金や保釈金大幅引き上げへ

 

 


小笠原諸島や伊豆諸島の沖合などでの中国漁船が

貴重なサンゴを密漁している問題で、過去に別の

海域で逮捕されたことのある中国人船長が

小笠原近海で再び逮捕されていたことが

報道されて分かった。

 

7-7

 

中国ではサンゴは億単位での取引額であるのに対し、

日本での密漁により逮捕の場合でも、罰金は最高

一千万円。

 


罰金を払っても、目指すサンゴを密魚しすれば

まだ、収益には大幅なゆとりがあるため、船長は

罰金を払いながら密漁を繰り返していたことになる。

 

罰金額が軽すぎて密魚防止策に法で歯止めが

かからない実態が浮かんだ。

 


10月30日、横浜海上保安部は中国サンゴ漁船の船長

(45)を小笠原諸島・北之島沖にて漁業法違反

(無許可操業)で現行犯逮捕した。

 


船長は昨年3月、にも沖縄県の宮古島沖で逮捕

され、罰金を払い釈放された。

 


横浜海上保安部によると、逮捕歴のある中国人

船長が小笠原諸島近海で逮捕されたのは初めて

とのこと。

 


「サンゴを求め沖縄から小笠原に移動してきた

のではないか、と海保幹部ははなした。

 


良質のサンゴは中国では億単位で取引されている

との情報もあり、罰金額が低すぎるために起こる

不祥事であると指摘。

 

現状では、日本の海底を根こそぎに採取る

中国漁船の漁法に「日本でも赤珊瑚が近い将来

取れなくなるのでは」と懸念している業者もいる。

 

7-8

 

「一獲千金」を狙っている中国の密漁船は後を

絶たない。

 

 
中国紙による報道では、2012年5月以降、

福建省寧徳で多数の密漁団が摘発され、約38kgの

高級赤サンゴが押収され、押収評価額は2240万元

(約4億円)に上った。

 

 

現在の「外国人漁業規制法」では、日本の排他的

経済水域(EEZ)での外国人漁業者による漁業

を禁じている同法の罰則はわずか、1000万円

以下の罰金で済、仮に同法違反で逮捕された場合

でも、数百万円程度とされる担保金を払えば釈放

される、と規定されている

 

上記のような規定では、億単位の収益が得られる

取引もあると言われる密漁の抑止には、現行の

罰金や担保金では低すぎるとの指摘が、政府、

与党内で出ていた。

 


自民、公明両党も議員立法での改正の検討に入り

今国会での関連法改正を目指す方針とのこと。

 

全く中国報道官のコメントは大国意識を丸出し

にして日本を小馬鹿にした感じがします。

 

他国の領海内で自国漁船が違法な密魚を行っている

という認識があるのか?。

 

これが反対の立場であればどの様なコメントに

なるか分かります。

 

早急に自国で可能な予防策をとって欲しい

ですね。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930