旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

競泳・冨田尚弥会見「僕は窃盗やってない」 犯行時間には松田と雑談…寺村の証言も

読了までの目安時間:約 3分

 

競泳・冨田尚弥会見「僕は窃盗やってない」

犯行時間には松田と雑談…寺村の証言も

 


現状では冨田側は、韓国警察が自主的に

再捜査してくれることを待つことしか

できない。

 


会見を開いた大きな目的は、日本の国内世論

に訴え、それにより韓国警察が動いてくれたら

という思惑がある。

 

仁川アジア大会期間中の、自身の競技日でなかった

9月25日、他選手の応援で行った仁川文鶴競技場で

韓国通信社のカメラを盗んだとして略式起訴された

競泳男子の冨田尚弥(25)が6日、名古屋市内

で会見を開き、同件について「濡れ衣」を主張した。

 

7-3

 

カメラが盗まれたと言われている時間帯、

10時48分の、10時30分頃から、

11時頃までの間、松田丈志(セガサミー)と

雑談を交わし、「お前、早く練習しろよ」などと

言われていたという。

 

 

また、同時間帯に2人が会話しているのを、寺村美穂

(セントラルスポーツ)も目撃している、こともあり

2人の証言も資料として添付されており、さらに

電話聴取書の中で松田は、午前10時48分頃に

冨田選手がカメラを盗んだということであれば、

私と一緒でしたからそれはあり得ないと思います

と返答している。

 

 

今後、韓国から本人あてに判決書が送られてくる

事になっており、その後1週間以内に正式な裁判

開始の申請ができる。

 

7-2

 

しかし、 韓国の国際弁護士に依頼する場合、

手付金で300~600万円が必要と言われており

本格的に裁判となれば一千万以上必要と言われる。

 


今回の事件をきっかけに、所属先である

デサント(大阪市のスポーツウェアの専門

メーカー)を解雇された冨田には難しい状況だ。

 

さらに、それらを克服し裁判を申請し韓国に

渡航した場合、再び拘束、または出国停止となる

危険性もある。

 


世界の先進国での正常なジャーナリズム活動を

韓国で行った結果、前産経新聞ソウル支局長に

対する、韓国政府の長期に渡る出国禁止の例も

あり、同様の危険性はほぼ確実では!

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930