旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

イスラム国、イラクでの抵抗勢力、部族民40人以上を「処刑」

読了までの目安時間:約 3分

 

 

29日、イラク西部アンバル州で、イスラム教

スンニ派の過激派組織組織「イスラム国」

と対立し、抵抗していた部族民40人以上を

処刑したことを、複数の情報筋より明らかに

されたと報道されている。

 

2-2


アンバル州は今月、イスラム国によって制圧

されており、反過激派の治安組織「サフワ」

幹部と警察により部族民の殺害が確認された。

 


アルブ・ニムル部族の男性らは、首都バグダッド

の北西にあるヒート)地域で殺害されたことが

地元指導者から伝えられた。

 

 

殺害された人数はそれぞれの情報筋によって

人数に違いがあるが、最多でも48人程度といわれる。

 

2-1

 

イスラム国はアンバル州の広範囲を制圧しており

この制圧状態を安定的に維持するために取った行動

と考えられ、今回の部族民殺害は、各部族民が同州

奪還行動を起こす際に重要な役割を担うと考えられる

地方の諸部族の抵抗力を弱体化することが狙いと

みられる。

 

「公開処刑」後の現場を写したとされる画像

がネットで公開されている。

 

3人の男性がうつぶせに寝かされ、切り落と

された首が背中に乗っており、まわりは血だ

らけになった状態が写されている。

 

足が見えている犠牲者は裸足で、手は背中で

縛られている。

 

 

アルカイダから派生したスンニ派過激派組織

イスラム国の恐怖の進撃は止まらないですね。

 

イスラム国処刑写真を公開、そこには拘束した

イラク軍兵士を大量虐殺する様子が収められて

おりティクリートで1700人ものシーア派

兵士を処刑したと話している。

 

2-4


彼らの行動は自分達の目的を達成するためには

周りの人々は皆殺ししてもかまわない、と言う

事か。

 

その様な行動をしても、自分達の気持ちは「何とも

ない」のだろうか?

 


我々日本人の心境からすれば、考えられない事で

あり、また世界がこの様な事を認める事は決して

あり得る事ではない。

 


彼らより、世界には戦闘力のある国々は多数あり

現時点では、世界を敵に回して戦っているのでは

ないか!

 


この様な状態が長期にわたって続けられるとは

考えられないですね。

 

自分達の夢や希望は大部分の人々が持っていると

考えますが、それを叶えるためには周りを殺してでも

と今の時代でも考えるのか。

 

とても信じられませんが。

 

彼らの本心を知りたいと思いますね。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930