旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

宮沢りえ【第27回東京国際映画祭】最優秀女優賞! 日本人11年ぶり4人目の快挙

読了までの目安時間:約 3分

 


宮沢りえ【第27回東京国際映画祭】最優秀女優賞!

日本人11年ぶり4人目の快挙

 


今年で27回を数える東京国際映画祭は、パリに

本部を置く国際機関「国際映画製作者連盟」

に日本で唯一公認されているアジア最大級の

国際映画祭。

 


世界92の国と地域から1,373本以上の応募があり、

その中から15作品がノミネートされた今年の

コンペティション部門

 


審査委員&受賞者記者会見が10月31日東京

六本木ヒルズで行われコンペティション国際

審査委員長を務めたジェームズ・ガンをはじめ

とした審査員一同が出席した。

 

 


同部門に7年ぶりの映画主演作『紙の月』が

ノミネートされていたが、最高賞の東京グランプリ

は逃したものの、観客賞を受賞。

 

1-3


さらに、女優の宮沢りえが、最優秀女優賞を受賞。

 


最優秀女優賞を日本人女優が受賞するのは、

第16回(2003年)『ヴァイブレータ』の

寺島しのぶ以来の事で11年ぶりで4人目となる。

 

 

7年ぶりの主演に「緊張と不安もありましたが、

吉田監督の辛抱強い愛情を伴った演出に

助けられ大役を乗り越える事が出来ました」

と今後に向けての決意をみせた宮沢。

 


「頂いた賞をできるなら半分にして半分は

吉田監督に感謝の気持ちとして最優秀演出賞

として差し上げたい、本当にありがとう

御座いました」と感謝の気持ちを述べていた。

 

 

『紙の月』は、原田知世さん主演!角田光代さん

原作で今年の1月にテレビドラマ化もされた

同名小説を映画化したヒューマン・サスペンス。

 

1-2


銀行で働く平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢)が、

年下の恋人、大学生(池松壮亮)との不倫を

続けるために引き起こす巨額横領事件の顛末

を描いている。

 

 


さらにコンペティション部門15作品の中で、同作は

最も観客から支持された映画に与えられる観客賞

も受賞しており、見事2冠を達成した。

 

1-1

 

 

最優秀女優賞には賞金5,000米ドル(1ドル

100円計算の場合50万円)が贈られる。

 

 

宮沢が国際映画祭で最優秀女優賞に輝いた

のは、2001年開催の第23回モスクワ国際映画祭

に出品された香港映画『華の愛 遊園驚夢』

での受賞以来、13年ぶりの2度目になります。

 

 

 

おめでとうございます、プライベートでは

大変でしょうが、ビジネスで頑張っていますね

 

 

フアンとして応援しています。

 

これからもプロとして頑張ってください。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930