旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

ソフトバンクが松坂大輔投手(メッツ) の獲得調査を行っていることが30日分かった。

読了までの目安時間:約 3分

 

 

ソフトバンクが松坂大輔投手(メッツ)

の獲得調査を行っていることが30日、

分かった。

 


ソフトバンク球団関係者は

「松坂は投手陣の柱になり得る存在

として、現在動向を注視している」

と語った。

 

31-5


大リーグから松阪のFA権が米国時間30日

(日本時間同日夜)に公示され現在の

所属球団メッツとの独占交渉期間を経て

11月4日(同日夜)にFAとなり、

日米全球団との交渉が解禁となる。

 

 


エースの摂津が5月のシーズン開始早々に

右肩の筋疲労で出場選手登録を抹消される

など、先発転向4年目で初めて規定投球回

に到達できなかった。

 


スタンリッジ(36)、中田(32)両投手が

チームの 勝ち頭となる11勝をあげたが、

頼れる絶対的エースが不在の状態。

 


6月にUSAで右肘を手術した ブライアン

・ウルフ投手(33)の復帰も完治には

最低1年を要することから、日本一連覇

には、エース格の先発投手獲得が急務と

なっている。

 

 

松坂は今季、メジャー最多登板となる34

試合に登板するも、先発はわずか9試合。

 

 

今シーズン終了後には、先発への強い

こだわりを示し「先発をやりたいと

いう気持ちは、これからも変わらない」

とはなした。

 

31-6


メッツは若手の投手が育ってきているため、

退団は確定的な状況。

 

 
FA後も先発専任で契約してくれる

メジャー球団が出るかは微妙な状況だ。

 

 

力強い戦力としての評価だけではなく、

長く日本代表の投手陣を引っ張ってきた

リーダー的な面も評価。

 


幸いな事に、松坂が西武やレッドソックス

でプレー時に、につけていた背番号18

も空いている。

 


仮に松阪がソフトバンクに入団する意向

があれば、3年以上の長期契約の検討も

進めている様子で、またメジャー球団に

負けない資金力も獲得には有効になる。

 


ソフトバンクの遊撃手今宮に対する

「生きた手本」として今シーズン

終了後にブルージェイズをFAとなった

川崎宗則内野手(33)の古巣への

獲得にも動きだす方針だ。

 

31-8

 

松坂が日本球界復帰となれば2007年西武

ボストン・レッドソックス移籍以来9年ぶり。


川崎は2011年以来の古巣復帰となるか、

目の離せない動向となる。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930