旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

【巨人】阿部、来季一塁にコンバート、自身 4番で「全試合出場」誓う

読了までの目安時間:約 3分

 

阿部、来季一塁にコンバート

 


28日、巨人の原監督は阿部慎之助捕手(35)

を来季から一塁手にコンバートすることを明らか

にした。

 


同日、巨人の阿部慎之助捕手(35)自身も、来季は

「4番・一塁」で打者に専念し、全試合出場に意欲を

燃やした。

 

30-2

28日までに原辰徳監督と阿部が話し合い、正式に

決まった、捕手に未練はないと阿部も話す。

 


捕手と言うポジションは体への負担が重く、今季も

131試合出場にとどまり、肉体的にも精神的にも

酷使されるポジションで、今季のプロ14年目まで

フル稼働したシーズンはなかった。

 

 


来季は打撃に専念し、不動の4番として打撃の完全

復活とチームの日本一奪回に全力注ぐ覚悟。

 

30-4


入団14期目の今シーズンも、阿部は捕手を務めて

きたが、今季は体への高負担の影響もあってかチーム

の主軸打者と望む成績も残せず、打率2割4分8厘、

19本塁打、57打点に終わった。

 


「4番・一塁」で、全試合出場すると言う、来季

15シーズンへの、新たな熱い思いを持った。

 

 

体への負担は一塁の方が捕手より軽い、キャンプ、

オープン戦としっかりと自分に求められる物を出し

ていきたい、当然全試合出場は目標にします。

 


今までに、ゴールデン・グラブ賞に3度

ベストナイン8度、を勝ち取った球団が誇る

最強の捕手阿部慎之助。

 

捕手として今まで養い、持ち合わせている

“眼力”で一塁からバッテリーにアドバイス

を送る。

 

阿部自身、全てのポジションで全試合出場を

目標にしております、との事

 


一塁転向を決めた事で、目標の全試合出場と

チームにとって頼りになる4番打者としての

阿部に対する、原監督の期待は大きい。

 

 


原監督いわく、ジャイアンツにとっても、本人に

とっても正しい判断であり、また今までの試合でも

主軸打者として、また守備のかなめである捕手とし

ても中心選手で活躍してくれた。

 

30-1


今後は慎之介の体への負担を減らし、今まで同様

主軸選手として頑張ってほしい。

 

そのための最良の決断だった。

 

この日の秋季キャンプでは一塁ミットでキャッチ

ボール。

 

その後は室内練習場でティーバッティングに

1時間以上も時間を費やした。

 


阿部選手の来季への覚悟が現れていますね。

 

フアンとして来季は是非日本一を奪取してほしい

ですね、頑張れ慎之介。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930