旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

タレント磯野貴理子(50) 自宅で脳梗塞で倒れ、緊急搬送

読了までの目安時間:約 6分

 

28日、タレント磯野貴理子(50)が

自宅で脳梗塞で倒れ、緊急搬送され

入院したと、所属事務所がマスコミ各社

に書面で連絡した。

 

 

23日、磯野貴理子さんは自宅で体調不良を

訴え、夫の高橋東吾氏により緊急手配され

た救急車で都内の病院に搬送された。

 

29-1

 

緊急診察で、脳梗塞と診断されたが、

命に別状はない状態という。

 


即入院し、しばらくは治療やリハビリに専念

し、休養に努めるという。

 

本人はすぐにでも復帰したい意向という

が、復帰の時期などは未定となっている。

 

 

磯野貴理子さんは「この度は、ご迷惑と

ご心配おかけして申し訳ございません。

 


お陰さまで、異変に気付いて夫が救急車

を緊急手配し病院に運んでくれ、命を

拾ってもらいました。

 

29-3


ご心配おかけした皆さまのためにも、

治療に専念し一日も早く元気な姿で

皆様の前に戻ってきます!

 

今しばらくお時間頂きます、とコメント。

 

 

 

 

引用先

専門的な事項の為、下記ページより引用

させて頂きました、

有難うございます。

http://medical.yahoo.co.jp/katei/080102000/

 

(A) 脳梗塞 とは


どんな病気か


脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり

何らかの原因で脳の血のめぐりが

正常の5分の1から10分の1くらいに

低下し、脳組織が酸素欠乏や栄養不足

に陥り、その状態がある程度の時間

続いた結果、その部位の脳組織が

壊死えし(梗塞)してしまったもの

をいいます。


えしとは


全身の死(death)に対して,生体の一局所

の細胞または組織の死のこと。

 

壊死を招く

原因として,局所血行障害による酸素や

栄養の欠乏,細菌やウイルスなどの有害作用,

毒物の作用,高温,機械作用,放射線,高圧

荷電などの物理的作用,神経性障害などが

あげられる。

 

 

この脳梗塞は、以前は 脳血栓症

のうけっせんしょう(血管が動脈硬化

によりだんだん細くなり、最後には

詰まってしまう状態)と 脳塞栓症の

うそくせんしょう(どこかにできた血栓が

はがれて、 栓子せんしとなって脳に流れて

きて詰まる状態)に分けられていました。

 

 

しかし最近は予防的な立場からも、また

脳梗塞が起きた直後の治療の面からも、

脳梗塞を次の3つに分類することが多く

なってきました。

 

 

 


(1)アテローム血栓性脳梗塞

脳や 頸部けいぶの比較的太い血管の動脈硬化が、

加齢、高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙など

により起こり、その部位で血管が詰まって

しまったり、血流が悪くなったり、または

そこにできた血栓がはがれて流れていき、

さらに先端の脳の血管の一部に詰まって

しまう状態です。

 

 

(2) 心原性脳塞栓症

しんげんせいのうそくせんしょう


心房細動しんぼうさいどうや

心臓弁膜症しんぞうべんまくしょう、

心筋梗塞しんきんこうそくなどの

ために心臓のなかに血栓ができて、

それが脳に流れてきて詰まった状態です。

 

 

(3)ラクナ梗塞

主に加齢や高血圧などが原因で、脳の深部

にある直径が1mmの2分の1~3分の1

くらいの細い血管が詰まり、その結果直径

が15mm以下の小さな脳梗塞ができた状態です。

 

 

脳卒中全体のところで書いたように、日本では

今、脳卒中の約4分の3が脳梗塞です。

 

またその内容をみると、以前は日本の脳梗塞の

約半分を占めていたラクナ梗塞が少しずつ減り始め、

アテローム血栓性脳梗塞や心原性脳塞栓症が増え

始めているようです。

 

 


(B) 予防は生活習慣の改善から


脳卒中の危険因子のところで書いたように、

脳梗塞が起きやすいのは高齢者です。

 


また男性に多いのですが、他の危険因子

である高血圧、糖尿病、脂質異常症、

心臓病、ストレス、喫煙、大量飲酒、

脱水、肥満などは、いずれもいわゆる

生活習慣に関係したものです。

 

 

脳梗塞の予防はまず生活習慣を正し、

かかりつけ医の指導に従って、治療すべき

生活習慣病を早めに治すように努力する

ことが必要です。

 

 

 

磯野さん、御主人がそばにおられて

良かったですね。

 

不幸中の幸いとはこの事でしょうね。

 

29-2


しっかり、リハビリされて一日も早く我々

視聴者の前に元気な姿で現れる事を、

お待ちしています。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930