旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

米連合シリア領イスラム国空爆1月「数百人死亡」 勢い止まらずも長期化は必至

読了までの目安時間:約 4分

 

米連合シリア領イスラム国空爆1月「数百人死亡」

勢い止まらずも長期化は必至

 

米主導でイスラム過激派組織「イスラム国」への空爆を

参戦国連合がイラクからシリアへ拡大してから23日

で1カ月となる。

 

25-4

 

トルコ国境沿いにあるシリア北部の町アインアルアラブ

クルド名:コバニ、での空爆でイスラム教スンニ派過激

派組織イスラム国の戦闘員「数百人」を殺害したと

発表した。

 


米政府はシリアへの空爆は230回を超え、イスラム国

からの攻勢を弱体化することに成功と強調するもしかし

壊滅させるまでには時間まだ必要とも認めており

長期化は避けられない情勢だ。

 


この様な状態の戦争で事態が一気に好転すること

はない、こちらの望む結果で事を終了させるには

何年も必要であろうし、途中で混乱もあるだろう。

 

 

21日、米国防総省のカービー報道官はこの様に語り、

イスラム国壊滅まで年単位の時間が必要であると認めた。

 


イスラム国がイラク北部に侵攻したため、米軍は

8月8日からイラク領内への空爆を開始。

 

 

イラク領内への空爆だけでは、イスラム国を壊滅

できないとして、先月の9月23日、シリア領内

まで空爆を拡大した。

 

25-2

 

サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)、

ヨルダンなどアラブのイスラム諸国の空爆参入には

「米欧対イスラムの戦い」の構図ではなく、同じ

イスラム諸国もイスラム国の行動には反対であると

世界に示す効果があった。

 


イスラム国が資金源とするシリア東部などでは、

戦車や大砲なども多数を排除し製油施設を破壊

少なくとも数百人の戦闘員を殺害。

 


一時イスラム国はイラク北部の大都市モスル近郊の

ダムを制圧するなど大攻勢に出ていたが、しかし動き

は鈍化だった。

 

イスラム国に対し参戦国連合帯の空爆を避けるため、

部隊を分散させ、夜間に戦闘を行うなどして対抗して

いる模様。

 

25-3

 

空爆の成果について米中央軍のオースティン司令官は

「指揮命令系統や部隊移動、通信などをかく乱した」

と強調する。

 


イスラム国はイラク、シリア両国で約24万平方キロ

「英国並み」といわれる地域を影響下に置いている。

 


イスラム国部隊は最大3万1500人(米中央情報局

=CIA=推定)の戦闘員を擁し武装も強力で練度も

高いとされる。

 

このため、オバマ政権が目標とするイスラム国の

「弱体化と破壊」には、イスラム国部隊同等以上の

連度の高い数の地上部隊の派遣が不可欠であるが、

シリアで米国が支援する「穏健派反体制派」の地上

部隊の訓練開始までは、早くとも3〜5カ月の時間が

必要とされる。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930