旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

サッカーブラジル代表新監督、ドゥンガ監督2回目の就任 過去の実績、人間像。

読了までの目安時間:約 6分

 

ブラジル代表の新監督に就任したドゥンガ監督の

話題です。

 

本名「カルロス・カエタノ・ブレドルン・ヴェーリー」


愛称「ドゥンガ」

 

国籍    ブラジルの旗 ブラジル

生年月日 1963年10月31日(50歳)

出身地          リオ・グランデ・ド・スル州、イジュイ

身長           177cm

体重           81kg

 

24-1

 


1980年に出身地から近い南米の名門インテルナシオナル

でキャリアをスタートさせ、1987年にイタリアのピサに

移籍、その後日本で95年~ 98年にジュビロ磐田所属

 

ブラジル代表選手として1990年、1994年、1998年の

ワールドカップに出場。

 


ブラジル代表(第1期)

カルロス・アルベルト・パレイラの後任として

監督およびコーチ経験の無いまま、2006年7月に

ブラジル代表監督に就任し、2010年7月まで務めた。

 


今年のワールドカップでブラジルは歴史的大敗をし

その、名門の再生を託されて2回目の代表監督就任。

 

2006年のワールドカップドイツ大会ではベスト8

入りし2010年の南アフリカ大会時はベスト4に

残っています。

 

24-7


当時はパレイラ監督の後任として就任し、ブラジル

国民の期待は相当大きかったんです。

 


その期待の反動もあり、2010年の南アフリカ

W杯の南米予選においては前半戦で3試合

連続無得点を記録し一時は5位にまで後退。

 


その影響で、スタジアムのファンから

ブーイングを浴びせられ、試合のたびに

「Adeus Dunga(さらばドゥンガ)」

の合唱が起こり、メディアからも厳しく

批判されました。

 


しかし、その後はチームの調子が持ち直し、

9月に行われたアウェーのアルゼンチンに

3-1で勝利し、第1回大会から19回連続と

なるW杯出場を決めています。

 


しかし、こんなつらい思いをした過去の

成績がありながらの新監督就任!。

 


今回は前と違うぞと言う気持ちがある

でしょう。

 


ドゥンガ監督は、規律面に厳しい物を持ち、

「鬼軍曹」というニックネームで呼ばれて

います。

 


ジュビロ磐田に在籍しているときも試合中に選手に

怒鳴り散らしているシーンがとても印象的でした。

 


今回、新監督に就任し、先のワールドカップのブラジル

代表選手たちにも早速厳しく指導しているようです。

 

24-2

 

地元開催のワールドカップに於いて、ドイツと

続くチリ戦ににも負けて代表選手が悔し涙を

流していた事に対して、試合に負けて泣いている

場面は非常に見たくない。

 


我々は誇りある国の代表だから、男たるもの

泣くものじゃない」 と、早速大和魂の様な

「ドゥンガ節」を炸裂させています。

 


ドゥンガ監督、鬼軍曹はまず日本式では

ありませんが、戦い時の気持ちから

叩き込んでいます。

 


これからのブラジル代表にも期待が持てますね

 

ドゥンガ監督名言集です。

 

参照、下記より参照させていただきました。

http://footballmaniacs.jimdo.com/maxim/player/dunga/

 

私は絶えず「勝つ」という目的意識を明確に持って

サッカーに取り組んできた。

 

サッカーを難しくしているのは、我々人間である。

 

たとえ素質があっても、スピリットや自己犠牲、

多くの我慢を許容できなければ、成功を収めるのは難しい。

 

勝利とは刃物の上に立ち続けるようなものだ、

いつまでもそこにはいられない。

 


調子のいい時に他人を軽蔑しないこと、

そんなことをしたら、今度は自分が上手く

いかないとき、誰も手を差し伸べてはくれない。

 

うまくいっているときほど謙虚にならなければ

ならない。

 

我々はまだ勝たなければならない。

 

なぜなら我々はブラジルなのだから。


私は一度もうなだれることはなかった。

いつも頭を上げ、前を向いて歩いた。

 

なぜなら自分はその時々で、出来るだけの

事をしてきたという自信があったからだ。


人生において勝利を得る方法はいろいろとある。

しかし、苦労を伴わずしてそれを得ることはできない。

 

勝ったときも負けたときも、同じ人間でなくてはならない。

 

サッカーは理屈じゃない。身体の芯まで、やるべき

ことをしみこませるスポーツなんだ。

 


優勝しないチームは、早々と脱落するから苦しむ

ことがない、優勝するからこそ、勝ち抜くために

苦しむんだ。わかるかい?

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930