旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

各国の若者はなぜシリアへ向かうのか 「イスラム国」が?!

読了までの目安時間:約 5分


若者がなぜイスラム国に惹かれるのか?

 


22日、カナダの首都オタワで国会議事堂に

侵入した男が銃を乱射したテロ事件で、カナダの

グローブ・アンド・メール紙は、侵入した容疑者

マイケル・ゼハフビボー(32)は銃撃戦の末に

射殺されたが、事件前に友人に「中東に行きたい」

と語っていたと報道した。

 

 

警察当局は22日事件直後から、犯行の背後に

イスラム国との組織的なつながりや過激思想と

の関連がなかったか調べている。

 

24-3

 

23日、カナダのハーパー首相は国会で

「我々はパニックに陥らない、カナダ人は

おびえない。」と話、安全保障に関する法律

を強化する必要性があるとの考えを示した。

 

 

警察当局によると、22日午前に発生した

事件は容疑者の単独犯行だったとみている。

 


戦没者慰霊碑付近で警備の兵士を射殺したのも

ゼハフビボー容疑者の犯行ではとして捜査している。

 


警備の兵士が射殺された場所から、約300M

離れた国会議事堂に容疑者が侵入し、銃撃戦と

なった。

 

容疑者進入時、ハーパー首相は議事堂内で会合中

であった。

 

24-1


ゼハフビボー容疑者はイスラム国に傾倒し、

結果イスラム教へ改宗したため、テロの恐れ

があるとして当局の監視対象者となっていた。

 

 


当局は同容疑者は今後イスラム過激派組織に

合流する恐れが高いとしてパスポートを

没収していた。

 

 

今回事件を引き起こした、ゼハフビボー容疑者

は昨年までに少なくとも4回の米国への渡航歴

があり、当局はこの時に接触した人物よる影響

でイスラム教改宗したのではと推測されるため

米当局は米国で接触した人物を調べている。

 

24-2


現在までのところイスラム過激派組織イスラム国

関係者らとの接触は確認されていない。

 

 

別途、20日カナダでイスラム教へ改宗し、

イスラム国へ参加を企てていた男が、カナダ

モントリオール郊外で兵士を乗用車で引き殺す

事件が発生。

 

この犯人も政府の監視下にあったという。

 


若者はなぜ「イスラム国」に惹かれるのか

 

今世界各国の若者がイスラム教へ改宗し、

イスラム国への参加を企てている理由は

何なのか。

 

24-5


今のこの時にイスラム教が若者の気持ちを

引き寄せる根拠は?

 


世界の若者が自分達の国の現状に持つ

大きな満足できない何かかあるのか?

 

時代の大きな変革期なのだろうか?

 


本来的に今イスラム国に参加を企てる

若者は、世界各国に散在するイスラム

教徒が大部分であり、彼らは現在自分の

生活場所である自国社会や己に対して何ら

かの満たされない不満やフアンを抱いている

ことから、イスラム国に惹かれて行くのでは

と考えられます。

 


イスラム国は、インターネットを活用し

て自分達の思想やそれに沿った活動を

全世界に配信し、その情報に共鳴する若者が

いる現状があるのではないだろうか。

 


従って

彼らにとって自分たちの理想を追求する事が

可能な場所として、イスラム国の戦略もあり

若者の心に映っているのではないか。

 

24-6

 


今まではイスラム過激派と言われる組織の思想や

活動目的を知る機会は殆どなく、感覚的に距離感が

あり、また全く別世界と言う感覚がありました。

 

 

しかし、イスラム過激派を発信元とする、多くの

情報が配信されるようになり、ネットで受信する

彼らに共鳴する若者が多数出現しています。

 


この様な結果多数の若者が自ら銃を持ち危険な戦闘

に参加するという行動を起こしていることは、特別な

事ではないのかもしれません。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930