旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

イスラム国に日本人が参戦?!何故? – 思うこと

読了までの目安時間:約 5分

 


イスラム国」参加計画、23歳男性も聴取

 

北海道大の男子学生(26)が元大学教授で国内

屈指のイスラム思想研究者を通じて、中東の過激

派組織「イスラム国」に戦闘員として加わろう

としたとされる私戦予備・陰謀事件で、千葉県

のアルバイト男性(23)が8月北海道大の学生

とともにシリアに渡ろうと計画していたことが

関係者との話で分かった。

 

 

千葉県男性は周囲に、戦争に関心がある、気が済ん

だら帰国すると周りに話していたといい、警視庁

公安部が参考人として事情を聴いているらしい。

 

 

警視庁公安部の話によると、このアルバイト男性は

北海道大の男子学生と同様、東京・秋葉原の古書店

関係者が店に掲示した「勤務地:シリア」などと

書いた求人広告を見て応募したとの事。

 

23-6


古書店関係者は7月ごろに男性と学生を「イスラム国」

への渡航経験がある中田元大学教授に紹介し、中田

元大学教授が2人をフリージャーナリストに引き合わ

せたという。

 


フリージャーナリストは常岡浩介氏(45)。

 


常岡氏の「イスラム国」の取材行きに2人は同行し

隣国・トルコに向けて8月11日に出国する予定

だったが、当日朝になって「母親にばれて自宅

から出られない」などと男性が中田元大学教授を

通じて連絡してきたという。

 

 

この男性は当時、コンビニでアルバイトして

いたが、兵器等に強く興味を持ち、その興味を

叶えるために戦闘員としての経験をしてみたい。

 


戦闘員としての経験をしても、現地シリアで

死ぬ気はない、実戦経験し気が済んだら帰る

と話していたらしい。

 

 

関係者によると、古書店関係者から学生は

十数万円を渡航資金として提供を受けたが、

「パスポートがなくなった」として8月の渡航

をあきらめ、今月7日に再び北海道大の男子学生

と2人で渡航を目指していた。

 


常岡氏とは別の便で7日にトルコに向かい、現地

着後連絡を取り合う予定だったが、直前の6日

公安部捜索で旅券を押収された。

 

 


戦闘員として組織に加わろうとした理由について

北海道大の男子学生は「就職活動がうまくいかなかった」

ためなどと公安部に話しているようだ。

 

23-8

 

また、元大学教授は「学生らが『イスラム国』

に参加する」というメッセージを支配地域の

司令官当てに送り、「受け入れる」との返信

を受け取っていたことを認めている。

 


実際に戦闘地域に入った日本人がいる。

 


シリア反政府組織の一員として、昨春

東京都在住の元自衛官、鵜澤佳史さん

(26)は、政府軍との戦闘に加わった

とのこと。

 


どんな思いで戦地に行きどんな気持ちで

戦闘に参加したのか。

 


自分の命をかけてその瞬間を生きたかった。

 


しかし、自分が極限状態で戦い、その結果の

充実感を持ちたいと言うたいという思いが

満たされることはなかった。

 

 

日本は多くの海外の国からすれば特にシリア

等戦闘地域からすれば治安的に恵まれている

と思う。

 


就職活動が上手く行かなかったから、世界の

激戦地に渡航して戦闘員として働くと言う

言い訳。

 


真にその様な覚悟があれば、日本にいても

生命の安全は保障され就職手段はいくらでも

あるはず。

 

一流大学まで言ったから、俗に言う一流企業で

なければ、と言う考えかな。

 


平和ボケとしか考えられませんね、海外に行って

命をかけて戦闘員をするなら、安全な日本で命がけで

仕事をした方が、より自分の人生に満足出来るのでは

と思いますね。

 


自分の家族に両親にその様な話をしたら、どんな

反応されるか、考えた事があるのかな?

 

渡航直前に分って幸いだったと思いますね。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930