旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

大谷翔平が今メジャー契約したらどんな評価になる?

読了までの目安時間:約 3分

 

 
今年のオールスター戦162キロの速球を投げ、

日本中を沸かせた大谷翔平投手。

 

22-8

 

日本人のプロ選手では2008年にヤクルトの

由規(ヨシノリ)投手が161キロを投げた

と記録されています。

 

22-9

 

しかしそれ超える、日本人投手で初めての

162キロというスピードボールを連続で

投げれる投手は存在しなかった。

 

 

仮にこの初めての投手大谷が今メジャーに

挑戦するとなればメジャーの評価は

どの位になるなるだろう?

 


高校時代にはメジャーのスカウトが注目し

接触して来ていた大谷翔平の評価は、多分

社会人(新日本石油)から、日本のプロ野球

を経由せず直接メジャーに挑戦し、前巨人の

上原投手らとともに昨年レッドソックスを

ワールドシリーズ制覇の原動力を務めた田澤純一

投手と同程度見ています。

 

22-10

 

田澤純一がレッドソックスと結んだ契約は

3年で総年俸400万ドル日本円3億8000万

程度、しかもアマチュアからメジャーに挑戦し、

メジャー昇格が前提となる40人枠への登録が

保証されている「メジャー契約」は

異例中の異例。

 

 


大谷翔平選手の場合は高校卒業後に直接メジャー

挑戦であったら、数年間はマイナーでの育成期間が

置かれることは決定済だったことと、仮にドラフト1位

の候補だとしたら直接の「メジャー契約」は得られ

たかも知れません、アメリカのアマチュア野球界で何

の成績も残していなかったこともあり契約金+年俸で

最大1~2億円くらいだったのではと思われます。

 

22-7

 

今シーズン、先発陣のダルビッシュ有、岩隈久志や

楽天から移籍した田中将大等が活躍し、上原浩治や

田澤純一などリリーフ陣も結果を出し、現状では

日本人投手に対する評価は上向きなであり、

そのため、高卒2年目のプロでトップクラスの成績

を残してる大谷翔平ならかなり評価は高くなって

いると予想されます。

 

 

平均球速帯では150キロ中盤に届くのはメジャーでも

トップクラスの投手で、アメリカ大リーグで,その

シーズンの最優秀投手に与えられサイヤング賞を取る

ようなレベルの投手だけです。

 

 

その様に考えると仮に大谷選手が投手として、メジャー

と5年契約することになれば、総年俸は数十億円?かな。

 


我々の日常感覚と余りにも段差があるためこの程度しか

予告できません(汗)。

 

しかし、大谷選手は今も片鱗を見せている将来の大器ですね。

 

是非これからも頑張って、我々庶民、特に若い人達に夢を

与えてほしいですね。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930