旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

香港の梁行政長官は「選挙を民主化すれば貧困層が 決定権を握る」

読了までの目安時間:約 4分

 

選挙を民主化すれば貧困層が決定権を握る

 


今月20日、香港の梁振英行政長官は、海外の

報道各社との会見で、デモ隊の主要な要求

である、行政長官の選挙制度改革に関して

抗議行動を続ける民主派学生らの求に応じ

た場合、住民が立候補者を指名することが

可能となり、貧困層や労働者の意向により

選挙結果が左右されることになるとの認識を

示し、要求に応じることは困難である、との

立場を繰り返した。

 

22-1

 

梁長官は、住民が立候補者を指名する様になれば、

平均月収1800米ドル(約19万2600円)以下の

住民が選挙活動そのものを支配する恐れがある

と警告した。

 


香港は、世界でも貧富の格差が最も大きい地域

の一つと言われ、さらに不動産価格帯にしても

世界最高クラスの高価格であり、若者の間では

非常な不満が高まっている。

 


中国政府の決定事項は、行政長官選を行うには

各界代表からなる「指名委員会」が立候補者を

選別する事になっている、とのこと。

 


梁長官はさらに、候補者指名の過程がどの様な

ものであっても、選挙の勝者を行政長官に

任命するかどうかの権限は中国政府が握って

いると話、「中国政府が勝者を受け入れられない

として、選挙をやり直すよう命じれば、香港

基本法上の危機が生じる」と訴えた。

 

 

21日夜、

香港島南部で香港政府と民主派学生団体

の対話が初めて開かれた。

 

 

香港政府側は、8月末に中国側が仕組みを決めた

それ以降に発生した、市民の要求や抗議の占拠に関して

中国政府には報告すると約束し、さらに17年の次回の

選挙時には、広く市民の意見を聞く場を新たに設けても

良いと提案した模様。

 

それに対して、学生側は「政府側の説明には

具体性がなく、どのような意味があるか不明」

と不満を表明。

 

「政府が譲歩しなければ、占拠を解散させることは

できない」と占拠を続ける姿勢を示した。

 

22-4


梁長官は学生側との対話による直接指名への期待の

高まりを抑えようと、香港政府はこの件に関しては

対話によっても不可能との立場を繰り返すこと

を明らかにした。

 


その一方で、「抗議学生らが受け入れる指名委

のメンバー選定ににするとで妥協は可能だ」とし、

もっと幅広い層から選ぶ案で双方の一致点を見つ

けることができるとの考えを示した。

 


現在の指名委は親中国派や親ビジネス派で

占められている。

 

 

梁長官は、中国政府はこれまでのところ

香港政府が独自にデモに対応するのを認め

ているが、デモ隊が政府と衝突を続ければ、

中国政府の姿勢は変わる可能性があると

警告した。

 

この記事を書いていて、一部の特権階級の

一般庶民に対する差別意識が如実に表れている、

梁長官談話ですね。

 


中国領ではあるが、日本と変わらない自由な言論

や経済環境と言うイメージがある香港ですが

全く我々の知らない、政治的な決まりがありますね。

 


所得格差によって人間を選別し、一般的な

庶民は政治のトップにはなれないシステムが

あると言う事。

 


今回の中国本土ではなく、中国本土より、より

自由な生活環境にある香港で、知識を学び、若く

純粋な学生によりデモ発生したという事。

 

22-5


この要因は我々と同様香港にも言論の自由があり、

必要な情報がいつでも手に入る環境だからこそ

発生したのではないでしょうか!

 


他国の若者の行動ですが、可能な限り

応援したいですね。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930