旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

北京国際マラソン 「最悪レベル」PM2.5 強行開催に批判

読了までの目安時間:約 3分

 


19日、北京で開催された、国際マラソン大会。

 

20-2

19日、中国の北京で”有害物質のPM2.5”の濃度が、

6段階の最悪レベルとなる中、国際マラソン大会が

開催された。

 


深刻な大気汚染の影響で、途中棄権するランナー

も相次ぎ、劣悪な環境での強行開催に、批判の

声も上がっている。

 


19日朝会場のスタート地点では、有害物質「PM2.5」

の濃度が、417マイクログラム/1M3となり、日本の

環境基準の約12倍を観測し、最悪レベルの大気汚染

となってうた。

 


気象当局は、外出時にマスクを着用するよう

呼びかける状態だった。

 

 

本大会には3万人が参加したが、開催日19日は大気

の状態は最悪で、天安門広場の故・毛沢東主席の

肖像画もかすんで見える状態だった。

20-3


この様な状況下、主催者側は大会の開催を強行し

たが、参加者の中にはマスクをつけて息苦しそう

に走ったり、早々に棄権するランナーの姿も。

 

20-3


参加者の一人で途中棄権した日本人は、

3kmでリタイアしました、きょうは空気が悪いので、

3kmでやめときます、体調を考えて本当は、もっと

走りたかったんですがと話す。

 

 

一人の中国人ランナーは、マスクをつけて走ります

空気のにおいはきついし、のどもやられてしまうので

と話した。

 


参加したランナー達は、自国の国旗を持ったり、

小さい子供をベビーカーに乗せてゆっくり走ったり、

それぞれの、思いを楽しみながら、北京市内

を駆けて行った。

 

同大会は、、2時間10分41秒のタイムで

エチオピア人の選手が優勝した。

 

 

厳しい環境のもと「PM2.5はきついけど、走る時は

左程影響はありませんでした」、

「来年の開催は、われわれのために、空気のいい日

を選んでほしいです」と完走したランナーたちは

口々に話した。

 


中国のネット上では、今回の大会について

「これは国家の恥だ」や「3万台の人工空気清浄機だ」

などの書き込みがされるなど、開催を強行した

主催者側に、批判の声が高まっている。

20-4


優勝したエチオピア人選手は「こんな大気の中で、

このような成績を出すのは簡単ではない」と

しながらも、また2015年も参加したいと話した。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930