旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

エボラ出血熱 の日本での感染は?

読了までの目安時間:約 7分

 

エボラ出血熱 日本

 

◇最初の患者は

エボラ出血熱の最初の感染者は感染が広がる

シエラレオネ、リベリアの各国の国境にも近い

ギニア南東部のゲケドゥに住んでいて昨年、

西アフリカの同国で死亡した2歳男児であった

との、最近の研究結果で発表されている。

 

最近の研究で最初の患者は昨年に死亡した

2歳男児と発表されていますが、大流行が

本格的に始まったのは2014年3月以降と

言われています。

 

 

◇現状は

10月10日、世界保健機関(WHO)は西アフリカ

を発生源とするエボラ出血熱の感染者が8日時点

で8399人となり、このうち死者が4033人

に上ったと発表。

 

 

西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネ

の3か国で感染による死者は4024人に上り
 
ナイジェリアでも8人が死亡している。

 

 

エボラ出血熱のウイルスは米国や欧州のスペイン

を含め7か国に広がっており、米国ではリベリア

からの1人が渡航者が入国数日後に発症し死亡

している。

 


この患者の対応に当たった看護師が感染の可能性が

指摘されている。

 

アメリカでも二次感染が確認されたエボラ出血熱。

 

ギニア、リベリア、シエラレオネ、3カ国の境界付近

で最初に発生し、現在はアフリカ各地、ヨーロッパ

USA、東南アジア等で発生が確認されています。

 

16-1

 


エボラという名称の由来は、歴史上はじめて

病体が確認されたアフリカの「エボラ川」と

いう地名から命名。

 

 

◇病原体は


エボラ出血熱は、フィロノウィルス科エボラウィルス

を病原体とする急性ウィルス性感染症。

 

 

出血熱のひとつ。

ちなみに出血熱とは、様々なウィルス感染の結果、

白血球数が減少したり、精神状態の変調、高熱、

易出血性をきたし死に至る事が多い。

 

日本でも東京の代々木公園で発生が確認された

デング熱も出血熱の一種である。

 


◇死亡率

その中で、エボラ出血熱は特に危険性の高い

重症疾患で、致死率は48%。(10月10日発表)

別な報道では50~90%と報道している機関もあり

高い感染症で最も危険なウィルスだと言われて

います。

 

 


◇感染源

 

エボラ出血熱の有力な発症原因はコウモリが感染

の宿主となっているようです。

 

また別途、アフリカの一部地域では、サルの薫製を

食べる週間があるためサルが原因ではないかという

説もあるようです。

 

 

エボラ出血熱の感染経路については空気感染の

恐れはなく、感染者の分泌物や排泄物、唾液など

に接触・飛沫により感染するとされており、

これは死亡した患者からも感染することが報告

されています。

 

従って、感染者の体液、血液などに触れることで

発症することが特に多い

 

アフリカでの二次感染の患者が多数発症している

最大原因は衛生状態と、葬儀時に死者の体に触れる

習慣があるためと言われている。

 


◇エボラ出血熱発症時の症状は?


患者との何らかの接触により感染し、通常7日程度

の潜伏期間を経て、発病は突発的で、発熱、悪寒、

頭痛、筋肉痛、食欲不振などから、嘔吐、下痢、

腹痛などを呈する。

 


進行すると口腔、歯肉、結膜、鼻腔、

皮膚、消化管など全身に出血、吐血、下血が

みられ、高確率で死亡に至る。

 

 

 

◇エボラ出血熱の治療法は

 

現時点では先進国がそれぞれに、独自開発した

治療薬はありますが、世界的に認められた有効な

ワクチンや承認された治療薬はまだありません。

 


しかし、現段階で最も有効性を確認されている

唯一の方法は、過去にエボラ出血熱に感染し

回復した元患者の抗体(血液や血清)の投与

の治療法だとされています。

 

実際にアフリカのエボラ出血熱の大流行

した2014年時の現地医療従事者であった

医師(アメリカ人)が感染時に、感染後

回復した元患者の血清を投与され回復

したとのこと。

 


世界保健機関はこの報告を受けて

「感染後、回復した患者の血液や血清を

有効な治療法」と認定し早急に試すように

との勧告を出しました。

 

 

※日本での対応方法について、厚生労働省

が下記の様な発表しており、それを

そのまま引用します。

 

質問:万一、日本国内でエボラ出血熱の患者が

発生した場合、どのような対応が取られるのですか?

 

回答:エボラ出血熱は、感染症法において、

マールブルグ病やラッサ熱、クリミア・コンゴ出血熱、

ペストなどの感染症とともに、一類感染症に指定されて

います。

 


流行地域からの帰国者で、一類感染症に感染した疑い

のある人について医療機関等から連絡があった場合、

国立感染症研究所で迅速に検査を行い、感染の有無を

確認する体制が整備されています。

 

検査の結果、感染していることが明らかになれば、

患者は感染症指定医療機関に移送され、感染防御対策

の施された病室において適切な医療が公費により提供

されることになります。

 

 


質問:エボラ出血熱が日本国内で流行する心配は

ありませんか?

 

回答:エボラ出血熱は、インフルエンザなどとは異なり、

主として患者に直接接触することにより感染すること、

流行地域はアフリカに限定されていることから、

通常の日本人旅行者が現地で感染するリスクは非常

に低いと考えられます。

 

また、日本国内の医療体制や生活環境から考え

合わせると、日本国内でエボラ出血熱が流行する

可能性は、現時点ではほとんどありません。

 

と発表されております。

 

ただ、個人で海外の感染地等を含んだ場所を

旅行やビジネス等で訪れる場合は感染の可能性は

皆無ではなく、自己責任での対応が必須になりますね。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930