旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

アギーレ監督、遅刻1号2選手に公開説教

読了までの目安時間:約 3分

 

アギーレ監督、遅刻1号に公開説教

 

12-1


サッカー日本代表の日本代表のハビエル・

アギーレ監督(55)が、テクニックより

前に一部選手のゆるんだ気持ちを引き締めた。

 


新潟市内で10日午後7時開始予定の親善試合

ジャマイカ戦に向けて7日練習を実施。

 


その練習前に全員で円陣を組み、試合結果に

確実に直結する、ピッチ内外での規律の重要性

を厳しい口調で説いた。

 


規律を重視するアギーレは、朝食の開始時間

に選手2人が遅刻した事に関して「ピッチ内外

での細かいところまで緊張感を持つ事がゴール

に直結する」と訴えた。

 


5000人の観衆が見守る中、練習前の円陣

で選手全員に緊張感が走った。

 

 

選手たちに常に試合中のつもりで、緊張感を

常に持ちピッチ内外でしっかり意識してほしい、

結果それがゴールになる。

 


指揮官が重く響く声で全員に「それを確認する

のも私の仕事だ」と話す。

 

12-2

 

事の発端は今朝の朝食時の事。

 


新潟市内で合宿中の日本代表に起こった事は

2人の選手が朝食時間に遅刻した為に監督が

規律引き締めを行ったということ。

 

遅刻した選手を、他の選手が部屋まで慌てて

起こしに行ったほどだったらしい。

 

実際遅刻した2人の選手名は確認されて

いないが、その一人ではと報道されている、

FWハーフナーの柿谷は肯定も否定もせず

「自分じゃないって言ったら、じゃあ誰

やねんってなる」

 


「まだ時差ボケも残っているけど、そういう

のも面白い経験です、試合に出られるなら、

点を取りたいね」。

 

「そのままでいいですよ」

 


「アジアカップで優勝するために全員で

やっていこうと監督は言っているし、

出場選手に選ばれるためにもね」。

 


「そのためには、まずはジャマイカ戦に勝つ

ことが重要だし、それが1番のアピールに

なると思う」

 

ザッケローニ体制では、一定の時間内に自由

に食堂で朝食が食べられたが、現体制では全員

そろって朝食を食べ始める形に変更され、初め

ての遅刻者だったらしい。

 


日本代表選手の一員と言えば当然現段階、

技術的には日本を代表する選手の一人である

が、海外の代表選手と対外試合を行う時は

当然マインド面も重要になってくる、と言う

事を代表監督が説いたのでしょう。

 

我々一人のファンでも成程と思います。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930