旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

日本人旅行者がエボラ感染の疑いで入院―インド

読了までの目安時間:約 5分

 

インドの英字紙ザ・タイムズ・オブ・インディア

の報道によれば、インド東部を旅行中の日本人

観光客がエボラ出血熱の感染の疑いで入院した。

 

入院したのはカワクボさん(27歳)との報道。

 

彼女はマレーシア、シンガポール、タイ、ミャンマー

を経由して数日前にインド北東部のマニプル州

からインド入国した後、州都のインパールで、

エボラウイルス感染の兆候を示して入院した。

 

簡単な検査については全て陰性だったとの事

であるが現在、彼女の血液サンプルは国立

ウイルス研究所に送られ詳しい検査が行わ

れているとのこと。

 

8-1

 

仮に感染が確認されれば、

「日本人で初の感染者」

となる。

 

熱が下がっているという情報もあるが、

まだ最終的には未確認の為、隔離病棟

での監視は継続されている様だ。

 

アフリカに渡航したという報道は出て

いない。

8-2

 

感染した場所や感染源の特定が難しい

状況だが、経由したアジア各国で新たに

発症例が発生すれば、今後のさらなる

事態の深刻化が懸念される。

 

エボラ出血熱は今もなお西アフリカに

蔓延しており、ギニア・リベリア・シエラレオネ

・ナイジェリア等で感染者や死亡者数

が確認されている。

 

 

引用 外務省・海外安全ホームページ

 

URL http://www2.anzen.mofa.go.jp

 

【2014年8月23日時点での統計データ】

本情報は2014年10月08日現在有効です。

 

各国の累計感染者数は以下のとおりです。

 

・ギニア

死亡406人を含む607人(感染確定:443人、

可能性例:139人、疑い例:25人)

 

・リベリア

死亡624人を含む1,082人(感染確定:269人、

可能性例:554人、疑い例:259人)

 

・シエラレオネ

死亡392人を含む910人(感染確定:804人、

可能性例:40人、疑い例:66人)

 

・ナイジェリア

死亡5人を含む16人(感染確定:12人、

可能性例:0人、疑い例:4人)

 

10月3日に発表された統計によると、エボラ

出血熱による死者は3431人、感染者は7470人

に達している。

 

アメリカでも感染者の発見など世界各国での

エボラ感染のニュースが頻繁に報道

されている。

 

ヨーロッパのスペイン・マドリードのカルロス

3世病院で、エボラ出血熱への治療チーム

の一員だった女性看護師が、感染したこと

が確認されている。

 

世界的に急拡大の兆候を示しているエボラ熱。

 

これからも、さらなる世界各国の防疫体制が

不可欠な状態となっている。

 

そもそも、エボラ出血熱とは?

 

◇感染経路は?

基本的には体液や血液に触れなければ

空気感染はないと考えられているが、

可能性に関して確実なことは未解明

である。

 

【2014年8月31日時点での統計データ】

 

◇死亡率 49.9%

・ギニア 64.1%

・リベリア 51.3%

・シエラレオネ 39.1%

・ナイジェリア 33.3%

 

◇一日当たりの感染者数

・感染者 約140人

・死者 約70人

 

◇感染者の割合

・確認 57%

・ほぼ確実 28%

・疑い 15%

 

エボラに関して日本国内での発症に

ついては厚生労働省は以下のように

説明している。

 

エボラ出血熱は、インフルエンザなど

とは異なり、主として患者に直接接触

することにより感染すること、流行

地域はアフリカに限定されていることから、

通常の日本人旅行者が現地で感染

するリスクは非常に低いと考えられます。

 

また、日本国内の医療体制や生活

環境から考え合わせると、日本国内で

エボラ出血熱が流行する可能性は、

現時点ではほとんどありません。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930