旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

仁川アジア大会は「失敗」していない、広報担当

読了までの目安時間:約 4分

 

仁川アジア大会は「失敗」していない、広報担当

 

韓国・仁川(Incheon)で開催され、昨日

の10月4日に閉幕した第17回アジア競技大会

の広報担当は3日、苦情が噴出する中、

大会は「失敗」しておらず、大会組織委員会

は限られた予算の中で最善を尽くしたと語った。

 

アジア大会でまた疑惑の判定、関係者は

「韓国の選手に勝つのは難しい」

スタジアムの空席問題やサルモネラ菌が検出

された弁当箱や輸送問題がが発生し主催者は

対応に追われたが、関係者は大事件は起き

なかったと述べた。

 

大きな事故や多数の犠牲者を出すことはあり

ませんでした、私は大会の質が非常に低かった

とは思いません。

 

膨大な赤字も発生していません。

 

いくつかの問題は起きましたが、仁川

アジア大会が失敗だとは言えません。

 

個人的には、国際的なスポーツイベント

として失敗したとは思っていません。

 

関係者が言う大事件とはどの程度の事を

指しているのでしょうか?

 

関係者の言う「大きな事故や多数の犠牲者を出

さなかった」とは人身事故の発生や競技そのもの

が中止になる様な大きな事故の話をしているの

でしょうか?

 

今回コメントを出した関係者は、自己保身

に走り大会の開催状況を正確に把握していない

のではないかと感じますね。

 

主催者側では、今回は45の国と地域が参加し、

約9500人が参加した大規模イベントを、約20億ドル

(約2117億円)の低予算で開催可能な計画を

長期にわたり自賛していた。

 

しかしながら、選手や大会関係者が食する

弁当にサルモネラ菌が検出され、数十個の弁当

が廃棄処分になるなど、いくつかの対応に不手

際が目を引いた。

 

関係者移動用の輸送機関に対しても不満

が起こり業を煮やしたジャーナリストたちは、

道路に座ってバスの立ち往生も発生。

 

陸上競技が行われた仁川競技場では、

全36種目が催された大会期間中全ての

試合日にわたり客席の大部分で空席が

目立つ等、観客の少なさも目立った。

 

だが、再度広報担当者は多額の費用が

投じられた中国広州での2010年大会や

華やかな五輪等に比べ、今大会は予算

が限られたものだと主張した。

 

当初より、我々は組織面での問題を抱え、

その対応が後手に回り結果、記者の方々には

不便をおかけしました事、その件に関しては

私自身から謝罪させて頂きます。

 

予算の正確な数字を申し上げる事は差

し控えますが、限られた予算の中では

、既存施設の利用や多少の不便が避け

られないことは、われわれにとって

当たり前のことです。

 

大会の運営を担った主催者は自分達の

運営上の不手際は全くありません。

 

今大会に発生した様々な問題は全て

予算の影響であるとのコメントですね。

 

仮に、日本での大会開催で、日本人の

大会主催者のコメントであれば、今回

韓国での開催と同様の事故や問題点

が発生した状態でもコメントの内容が、

もう少し自己責任を認識し、反省した

物になると考えられます。

 

これも国民性による違いでしょうかね!

 

対日本に対しての政治姿勢でも同じ

ように感じますね。

 

何事も自分達は悪くない、悪いのは全て

日本であり今大会の諸問題は予算上

の影響である。と!

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930