旬な話題 ニュース 盛り

旬な話題

慰安婦

読了までの目安時間:約 3分

 

売春:「性産業輸出大国」韓国の恥ずかしい現実 海外にまで広まるワケ

1人当たりの国民所得が2万ドル(約160万円)を突破し、G20

(主要20カ国・地域)首脳会議まで開催した韓国が「売春婦輸出国」

という汚名を着せられている。

 

専門家はその原因として

(1)海外での韓国人男性の需要

(2)簡単に金を稼ごうとする女性

(3)韓国特有の風俗産業の構造―を挙げている。

 

00d6ca4d-s

■海外で女性を買う韓国人男性


韓国人女性が海外で売春を行う要因は、何よりも需要があるからだ。

海外に移住した韓国人だけでなく、韓国企業の駐在員、出張で訪れる

男性たち、観光客などがこうした女性たちの顧客となる。

 

ソウル大学国際大学院のチョン・ジェウォン博士は「韓国社会の飲酒

文化に慣れた韓国人男性たちは、海外でも接待女性のいる店に行く。

 

このような需要があるため、女性は売春目的で海外に出ていく」と

指摘する。

韓国のある大手企業社員のKさん(34)は

「海外に出張した際、夜の0時を過ぎれば行くところがない。

そのため韓国人女性がいて酒が飲める店に行くようになる」と語る。

 


昨年11月、カナダのメディアは「バンクーバーのあるインターネットサイトには、

韓国人女性を『商品』とする売春の広告が1日平均10件以上

掲載されている」と報じた。バンクーバーの大学を卒業したCさん(29)

は「韓国人女性のいる店に、カナダ人はほとんどいない」と語る。

 

オーストラリアの歓楽街でも「ここは韓国か」と見間違うほど、

韓国式の「ルームサロン(高級個室バー)」「フルサロン

(ルームサロンと売春用のホテルを一つのビルで経営する風俗店)」

「マッサージ店」が数多く立ち並んでいる。現地の韓国人向け雑誌には、

風俗店で働く女性を募集する広告が数多く掲載されている。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930